日本コミュニケーション学院
サイト内検索

話し方教室 あがり症 東京

 

話し方教室:リーダーシップの話し方教室ニュース。コーチングは、リーダーシップ開発に効果的である

 
コーチングとリーダーシップ開発の関係性
近年、多くの企業が、人材育成・能力開発を目的として、コーチング制度を導入する傾向にある。

「HRDIVE」では、コーチングとリーダーシップ開発の関係性に関する調査を取り上げている。

 
 
ミレニアル世代はコーチング研修を重視する傾向
ヒューマン・キャピタル研究所(HRCI)と国際コーチ連盟(ICF)は、リーダーや管理職670人を対象に、コーチングとリーダーシップ開発の関連性に関する調査「Building a Coaching Culture with Millennial Leaders」を実施した。

調査結果より、あらゆる世代のリーダーや管理職は働き方の柔軟化・多様化を好み、人材育成・能力開発の機会を積極的に設けることが共通していた。

特に、ミレニアル世代はコーチング研修を重視する傾向にあり、初めてリーダーや管理職に就任した場合、コーチングを通して自己の改善点を認識すると報告された。

コーチング文化の浸透と、従業員の帰属意識や生産性の関係
コーチング文化が深く浸透している企業において、従業員のうち61%が高い帰属意識をもっていることが認められた。一方、コーチング文化が浸透していない企業では、帰属意識の高い従業員は半数であった。

また、コーチング文化が浸透している企業では、46%が2016年の所得が平均金額を上回っていた。コーチングに投資していない企業において、平均所得金額を越えた割合は39%であった。

コーチングにより人材育成・能力開発が促され、個々の従業員が企業目標に対して大きな成果をあげることを意味する。

■外部リンク
HRDIVE
http://www.hrdive.com/


話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/コミュニケーション/話し方教室ワールドニュース・スタップ委員会

コース・講座のご案内 以下は、コース講座案内

携帯電話のバーコードリーダー等で読み込んでください。