日本コミュニケーション学院
サイト内検索

話し方教室 あがり症 東京

 

話し方教室:リーダーは、簡単な言葉で、分かりやすいスピーチを心がける


経営者は「簡単な言葉」でスピーチを

経営者としてスピーチの経験を積んでゆくと、より効果的な言い回しで表現したいと考えるようになります。それはいいことですが、その勘所を間違えて、難しい単語を並べてしまうことがよくあります。

しかし、できれば、分かりやすい言葉を使ってスピーチをして欲しいものです。分かりやすい言葉を使えば、より多くの人の心をつかみやすくなります。

 
画像:写真AC

トランプ大統領は、簡単な言葉でスピーチする

今年1月に就任したトランプ大統領は、分かりやすい言葉でスピーチすることでよく知られています。

トランプ大統領が使う英単語は、アメリカの小学校低学年でも知っているレベルの英単語が多く、極力難しい英単語を使用しないようにしているのです。

その結果、トランプ大統領のスピーチは、アメリカの国民にとって分かりやすいスピーチとなっています。

洋の東西を問わず、日本語でも、できる限り簡単な単語を使ってスピーチをしてみましょう。そうすると聞き手にとって分かりやすいスピーチとなります。

簡単、ストレートな言葉で、聞き手の気持ちをつかむ

簡単な言葉でのスピーチとして思い出すのは、2001年の大相撲です。貴乃花が優勝した時の小泉元首相の言葉を覚えていらっしゃいますか。

「痛みに耐えてよく頑張った!感動した!おめでとう!」

小泉氏の「感動した!」という名言を覚えている方は多いと思いますが、このように短く簡単な言葉で表現すると、言葉の中に思いが込められますので、多くの人たちに響くのです。

短い言葉で端的に表現するためには、自分自身の思いをストレートに表現してみることがポイントです。ストレートな言い回しは、相手の気持ちをつかみやすいのです。

もし、ストレートな言い回しを学びたい、あるいは、経営者としてのスピーチの表現方法を学んでみたい方は、本学の話し方教室講座をご利用いただくのがよいでしょう。


 コピーライト社長,経営者のスピーチ力なら話し方教室の名門日本コミュニケーション学院東京 入門・教養講座 スタッフ委員会/スピーチ・スピーチ力/学院総長監修


  • 2017年5月09日

コース・講座のご案内 以下は、コース講座案内

携帯電話のバーコードリーダー等で読み込んでください。