日本コミュニケーション学院
サイト内検索

話し方教室 あがり症 東京

 

プレゼンの話し方教室:キャッチフレーズを駆使し、端的で明快なプレゼンを


端的に、明快にプレゼンする方法

普段の会話ではうまく伝えることができても、プレゼンで発表すると参加者になかなか伝わらない、と困った経験はないでしょうか。

もし効果的に伝えたいのなら、キャッチフレーズを有効活用してみましょう。長々と文章で説明するよりも、端的な言葉で説明すると、より明快に伝わります。

 
プレゼン・プレゼンテーション/画像:写真AC

キャッチフレーズを用いてプレゼンする

キャッチフレーズは、端的でわかりやすいこと。そして、耳に残りやすいことが特長です。

わかりやすいキャッチフレーズに、最近なら「都民ファースト」があります。東京都の小池知事の方針で「東京都民を第一にした都政を行う」という意味です。

そのほか、「○○ファースト」が当てはまる言葉は、アメリカのトランプ大統領が、アメリカ第一主義という意味で用いる「アメリカ・ファースト」や、社員を大切にする意味で用いる「社員ファースト」などがあります。

これらの言葉は、いずれもごく短い言葉ですが、主張したい内容がしっかりと込められているため、大勢の人たちに伝わりやすいのです。

よく聞くキャッチフレーズを応用し、プレゼンしてみよう

プレゼンでは、一般的に知られているキャッチフレーズを応用したり、あるいは、自分でキャッチフレーズを作って(つまり造語)して発表すると効果的です。

例えば、介護用品の会社なら、新商品発表のプレゼンを行う際、「新商品は大幅に改良を加え、従来品よりも大変使いやすい商品に仕上がりました。新商品は、まさに『シニア・ファースト』と言えるものになっています」、こんなプレゼンはいかがでしょうか。

話し方のコツは、キャッチコピーの部分を強調することです。

さて、インパクトあるプレゼンを行いたいとお考えの方なら、本学の話し方教室専門講座で、プレゼンにおける話し方をじっくりと学ばれるのがよいでしょう。


コピーライトプレゼン力の向上なら話し方教室の名門日本コミュニケーション学院東京 入門・教養講座 スタッフ委員会/プレゼン・プレゼンテーション/学院総長監修


  • 2017年7月03日

コース・講座のご案内 以下は、コース講座案内

携帯電話のバーコードリーダー等で読み込んでください。