日本コミュニケーション学院
サイト内検索

話し方教室 あがり症 東京

 

プレゼンの話し方教室:市場調査データを活用した企画書を作り、自信を持って発表しよう


企画書と発表が苦手なビジネスマン

ビジネスシーンでは、企画書を作成し、発表することが多いものです。しかし発表はもちろんですが、企画書の作成が苦手なビジネスマンは多いものです。

自信を持って企画書をもとに発表するなら、市場調査データを活用した企画書を作成してみてはいかがでしょうか。市場調査データは、裏付けあるデータですから、その用い方次第で説得力のある企画書にすることができます。

 
企画書とプレゼン/画像:写真AC

企画書に市場調査データを取り入れよう

企画書の質を高めるためには、市場調査データを活用することをお勧めします。

市場調査データには、官公庁の調査結果や、民間の調査会社による調査結果があります。いずれも、裏付けのあるデータとなっています。

間違いのないデータをもとに企画書を作るのですから、その調査結果を後ろ盾に、企画書にも説得力がでてきます。

ちなみに、自分が目的とする市場調査データを探したい場合は、「市場調査 ○○」(○○は、探したい内容)で検索してみるとよいでしょう。

調査結果データの、その背景も分析しておきプレゼンしよう

それでは、実際の調査データを用いた企画書で発表してみましょう。ここでは、プレミアムフライデーに関する調査データをもとにしています。

「2017年2月のプレミアムフライデーでは、早く帰った人の割合は3.7%-株式会社インテージ調査」

このデータを企画書に盛り込み、「プレミアムフライデーで早く帰れた人は、わずか3.7%だけとの調査結果が出ています」と説明するのです。

さらにその数値の背景や原因分析もあわせて行っておいた上で、「プレミアムフライデーを定着させるには、普段から効率的に仕事をする習慣が必要になります」と発表するわけです。

調査結果を利用する場合は、その数値の背景や原因を分析しておくことが大事です。

さて、常に自信を持って、企画書作成と発表(プレゼン)を行いたいとお考えの方なら、本学話し方教室の専門講座を利用されるのが一番でしょう。


 コピーライト企画書とプレゼンなら話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京 入門・教養講座 スタッフ委員会/企画書&プレゼン/学院総長監修


  • 2017年8月01日

コース・講座のご案内 以下は、コース講座案内

携帯電話のバーコードリーダー等で読み込んでください。