日本コミュニケーション学院
サイト内検索

話し方教室 あがり症 東京

 

話し方教室:発声発音の話し方教室入門講座。滑舌の改善!舌の筋肉を鍛えて、滑らかに話そう

 
滑舌が悪いと損をする

普段の会話でも、知らず知らずのうちに口ごもった話し方になって、話が良く伝わらないことはありませんか?滑舌が良くないと感じてしまうと、話すことそのものにためらいを感じてしまうこともあるでしょう。

滑舌が悪くなる原因の一つとして、舌の筋肉が少し弱くなっている場合があります。舌の筋肉を鍛えながら滑舌の改善を図ってみましょう。

 
発声・発音/画像:写真AC

舌の筋肉を強くしなやかにすることで、滑舌を改善

はっきりと話すためには、舌の動きが滑らかでなければなりません。

しかし、舌の筋肉が少し弱くなると、舌の動きが不十分となり、口ごもった話し方になってしまいます。ですから舌の筋肉を強くしなやかにすることは大事なことなのです。

舌を左右・上下に動かすことで、舌の筋肉を鍛える

舌の筋肉を強くする方法として、舌を左右、上下に動かす方法があります。特に大事なのが、左右に動かす訓練です。実際にやってみましょう。

まずはじめに、舌の先を下の歯茎の先にあててみましょう。次に、舌の先を右側の歯茎(奥歯)に移動します。舌先を右側の歯茎に移動した後は、左側の歯茎に移動します。

ゆっくりとしたペースで良いので、舌を左右に移動してみましょう。この動きを5往復行ってみましょう。

今度は、舌の先を上の歯茎に当て、同じく左右にこの動きを5往復してみましょう。

舌を左右に動かすのは、意外と難しく感じられることでしょう。ゆっくりとしたペースでかまいませんので、正しく動かしてみましょう。

舌の運動を繰り返すことで、舌の動きが滑らかになります。また、話をする時は、時折舌の動きに意識を傾けながら話すと、よりよく滑舌が改善されます。

滑舌を根本的に改善したい方は、本学の話し方教室で訓練されるのがよいでしょう。


コピーライト発声発音改善,ボイストレーニングなら話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京 入門・教養講座 スタッフ委員会/発声・発音/学院総長監修


  • 2017年8月08日

コース・講座のご案内 以下は、コース講座案内

携帯電話のバーコードリーダー等で読み込んでください。