日本コミュニケーション学院
サイト内検索

話し方教室 あがり症 東京

 

話し方教室:スピーチの話し方教室入門講座。充実したスピーチにするなら、具体例の活用が効果的



具体例を入れたスピーチを

スピーチの経験が豊富な方でも、スピーチの内容をさらに充実させたい、と考えている方は多いことでしょう。そんな場合は、スピーチの中に「具体例」を織り交ぜてみましょう。

具体例を用いてスピーチすると、わかりやすい話になり、聴衆の興味も引きやすくなるのです。

 
スピーチ/画像:写真AC

抽象的なスピーチでは、よくわからない

「具体例」を織り交ぜて、効果的なスピーチをしたいものです。具体例は、短いものでかまいません。むしろ、短い方が、聴衆はスピーチの内容を明瞭だと感じることでしょう。

例えば、マーケティングにおいて耳にする機会が多い「パレートの法則」をスピーチで紹介するとしましょう。パレートの法則とは、別名80:20の法則とも言われています。

もしスピーチで、「パレートの法則とは、全体の2割が、8割の結果を生み出す、ということです」とだけ説明すると、いかがでしょうか?抽象的な内容ですから、よくわからないのではないですか。

具体的を入れたスピーチで、話が明瞭になる

では、次のスピーチならどうでしょう。

「パレートの法則とは、別名80:20の法則とも言われます。例えていえば、会社の売上の約80%は、約20%の顧客によるもの、というわけです。それなら、20%の顧客に対して重点的なサービスを行うことで、売上アップが期待できる、ということになりますね」と説明してみるのです。

いかがですか、具体例を入れたスピーチでパレートの法則がどんなものか、おわかりいただけたのではないでしょうか。

どうぞ皆さんも具体例を入れて、具体的なスピーチにチャレンジしてください。

なお、スピーチでの話し方をさらに上達させたい方は、本学話し方教室専門講座で学んでいただくのがよいでしょう。


 コピーライトスピーチの話し方なら話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/話し方教室入門・教養講座 スタッフ委員会/スピーチ・挨拶/学院総長監修


  • 2017年9月06日

コース・講座のご案内 以下は、コース講座案内

携帯電話のバーコードリーダー等で読み込んでください。