日本コミュニケーション学院
サイト内検索

話し方教室 あがり症 東京

 

話し方教室:発声・発音の話し方教室入門講座。声の大きさを改善!意識しつつ、お腹から声を出してみよう

 

声が小さい人は、大きな声を出す「意識」が重要

自分ではちょうど良い大きさの声で話していると思っていても、まわりから「声が小さくて聞こえないよ」と指摘されてしまうことはないでしょうか。

あがり症の方なら、指摘されてしまうことで、よけいに話し方に自信が持てなくなることでしょう。

声が小さくなってしまうとお悩みの方は、意識して、大きな声を出すことが大切です。意識しつつ、お腹から声を出せばより効果的です。


発声・発音/画像:ぱくたそ

吸い込んだ息をお腹から出すと同時に、発声してみる

自分では声の大きさが適切と思っていても、あなたの声を聞いている人の中には、「聞き取りにくい」と感じる人もいます。

話すときの声を大きくしたいと感じている人は、お腹から声を出すこと、つまり「腹式呼吸を利用しながら声を出す」ことを心がけてみましょう。

息を吸い込むとお腹が膨らみますが、膨らんだお腹から空気を出すのと同時に、声を出してみるのです。すると、のどだけを使って声を出すよりも、大きな声を出せることが実感できるはずです。

話をし始めるタイミングで、大きな声を出すことが大事

お腹から声を出す方法は、短時間なら難しくはありませんが、長時間や日常生活でいつも、となるとなかなか困難です。

しかし、まずは短時間から慣れる必要があります。普段から大きな声を出す「意識」をもってください。そして、お腹から声を出すことも「意識」してください。

特に大切なのは、話をし始めるタイミングで意識することです。話をし始めるタイミングは、腹式呼吸でお腹にためた空気を一気に出すことができますので、大きな声を出しやすくなります。

そして第一声が大きければ、まわりの人たちは「聞き取りやすい声だ」と感じますし、本人にとっても、次の声が出しやすくなるのです。

さて、大きな声が出せれば、コミュニケーションは円滑になります。効率的な発声発音練習をしたい方は、本学の話し方教室講座を受講されるのがよいでしょう。


コピーライト話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/発声・発音/話し方教室入門・教養講座 スタッフ委員会/学院総長監修


  • 2017年9月12日

コース・講座のご案内 以下は、コース講座案内

携帯電話のバーコードリーダー等で読み込んでください。