日本コミュニケーション学院
サイト内検索

話し方教室 あがり症 東京

 

社長・経営者の話し方教室:即座のスピーチにもあわてない!抑えておくポイントは?

 
準備もなくスピーチを依頼された!

社長や経営幹部は、会議やミーティングの場において、準備もなく即座のスピーチを依頼されることがよくあります。

一般的には、社長や幹部はスピーチ経験が多いのですから、特に問題はないでしょう。しかし、あがり症の方なら、突発的なスピーチにたじろいでしまうかもしれませんね。

即座のスピーチにもあわてないためには、どんなポイントを抑えておけば良いのでしょうか。


 とっさのスピーチ/画像元:ぱくたそ

結論→理由→結論で、メリハリのあるスピーチを

即座のスピーチでは、テーマ選びに困るかもしれません。そんな場合は、会議に関連したテーマを選べば良いのです。

そして、スピーチの構成は、先に結論を持ってくるようにします。結論を先に述べた上で、次に結論の理由を述べ、最後に再び結論を述べてスピーチをまとめると、わかりやすいスピーチとなります。

事前に、スピーチの構成のひな形を頭の中に入れておけば、即座のスピーチにも十分に対応できるようになります。

社長・経営幹部なら、視野を広く、どっしり構えてスピーチを

また、社長や経営幹部なら、視野を広く持ちスピーチすることを心がけましょう。

例えば、会議の参加者の構成から、どんなスピーチの内容にすれば良いか。淡々と述べるのがよいか、それとも熱く語るのがよいのか。きっぱりと述べるべきか、考えさせた方がよいのか、余裕があればそんなことも考えたいものです。

経営者たるもの、いつ、いかなる時でも、どっしりと構えて、落ち着いて対処したいものです。

さて、スピーチの話力に不安をおぼえている社長・経営者の方は、本学の社長・経営者の話し方教室/高度話力開発専門特化コースで、訓練を受けてください。それが一番です。


コピーライト話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/社長・経営者のスピーチ/話し方教室入門・教養講座 スタッフ委員会/学院総長監修


  • 2017年9月28日

コース・講座のご案内 以下は、コース講座案内

携帯電話のバーコードリーダー等で読み込んでください。