日本コミュニケーション学院
サイト内検索

話し方教室 あがり症 東京

 

発声発音の話し方教室:文節の最初の音を強調する!相手への伝わり方が大きく改善


聞き取りづらい声を改善する

普段の会話やコミュニケーションにおいて、相手から聞き取りづらいと指摘されることはありませんか。あがり症の人なら、相手から指摘されると、さらに萎縮して声が出にくくなってしまうことでしょう。

そこで、今日は、簡単なコツをお教えします。

文節の最初の部分を強調しながら発音してみるのです。そうするとインパクトある話し方となり、相手の方も聞き取りやすく感じるに違いありません。

 
発声発音/画像:写真AC


文節の最初の「音」を強調すると、インパクトある話し方に

話し声が小さくて、相手から聞き取りにくいと指摘されることが多い方は、文節の最初の「音」を強調しながら発音してみましょう。

ちなみに文節とは、文章を短く区切った単位のことです。例えば「今日は,とても,いい天気」と言う場合は、コンマで区切った単位が文節になります。

さて、その文節の、「今日は」の「き」、「とても」の「と」、「いい天気」の「い」をそれぞれ少し強く発音してみましょう。

文節の最初を強調しながら発音すると、強く発音している部分と、普通の強さで発音している部分があるため、メリハリのある話し方に聞こえませんか。

そして、メリハリがあるだけではなく、リズミカルな感じにも聞こえてきます。

文節の最初の音で「息」を吐くと、よく通る良い声に

また、文節の最初を強めに発音する際、同時に「息」を吐いてみましょう。

息を吐きながら発音すると、自然と勢いのある話し声になります。よく通る、通りのよい声になるのです。もっとも、息を吐きながら話すことは始めは難しいかもしれません。

しかし、次第に慣れてくるものです。「相手にしっかり伝えたい」、その気持ちを忘れずに取り組んでくださいね。

そのほか、発声発音に関する色んな悩みについては、本学の話し方教室講座で訓練して解決されるのがよいでしょう。


コピーライト話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/発声発音/話し方教室入門・教養講座 スタッフ委員会/学院総長監修


  • 2017年9月29日

コース・講座のご案内 以下は、コース講座案内

携帯電話のバーコードリーダー等で読み込んでください。