日本コミュニケーション学院
サイト内検索

話し方教室 あがり症 東京

 

リーダーシップの話し方教室:発言に重みを持たせるなら、リーダーとしての一貫性が重要

 

リーダーとして筋を通していますか?

リーダーとして部下から信頼を得るには、リーダーとしての筋を通すことに尽きます。

人は誰でも、部下ももちろん、筋が通っているリーダーの下で働きたいのです。仕事に打ち込みたいのです。

普段から筋を通していれば、リーダーとしての発言にも自然と重みが出てきます。


リーダーシップ/画像:ぱくたそ

うわべだけのコミュニケーションでは、部下はついてこない

リーダーの役割は、部下をまとめながら、部署内の業績を高めることです。

部下をまとめるためには、部下に信頼されている必要がありますが、その信頼を得るためには、リーダーとしての考え方を貫くことが重要です。

もちろん、普段から、部下に対してコミュニケーションをとることも大切ですが、うわべだけのコミュニケーションをとっているだけでは、部下の心が離れてしまうことがあるのです。

リーダー自身が自分の中に信念を持ち、言動が一貫してブレなくなることで、部下は、リーダーの心意気を理解し、リーダーについていこうとするのです。

筋を通すからこそ、リーダーの発言に重みがでる

筋を通すリーダーは、重みのある発言が可能になります。例えば、リーダーがいつも、一貫して「顧客本位」に徹しているとしましょう。

そんなリーダーが、「私が出す指示は、無理難題のように感じられるかもしれないが、これは、顧客のためを思っての指示なんだ。良い製品を作り上げて、顧客の気持ちにしっかりと応えようじゃないか」と話せば、部下はリーダーの考え方に大いに共鳴するに違いありません。

リーダーの一貫性、筋を通しブレない姿勢が大切なのです。

さて、リーダーとしてキレや深みのある話し方を身につけたい方は、本学の話し方教室専門講座で学んでください。


コピーライト話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/リーダーシップ/話し方教室入門・教養講座 スタッフ委員会/学院総長監修


  • 2017年10月24日

コース・講座のご案内 以下は、コース講座案内

携帯電話のバーコードリーダー等で読み込んでください。