日本コミュニケーション学院
サイト内検索

話し方教室 あがり症 東京

 

社長・経営者の話し方教室:プレゼンで未来予測をすることに!自信がもてるプレゼンにするには?



経営者は、自信を持ってプレゼンすることが大切

経営者なら、数々のプレゼンテーションを経験してきたことと思います。時には、 「未来予測」をテーマとしたプレゼンをしなければならなかったこともあるでしょう。

「未来予測については、自信を持ってプレゼンしにくい」という声も聞こえて来ています。そこで、自信を持って未来予測のプレゼンを行うには、どうすれば良いかを述べてみましょう。


 プレゼンテーション/イメージ画像:写真AC

まずは現在の状況について、明確なプレゼンを行うこと

未来予測に関するプレゼンを行うためには、現在の状況について十分に認識しておく必要があります。なぜなら、未来というものは、現在の延長上にあるためです。

そのため、未来予測に関するプレゼンの構成としては、始めに現在の状況、次に未来予測とすることが望ましいのです。

皆さんも現在の状況であれば、明確なデータが示されていますから、自信を持ってプレゼンできるはずです。

次に現在をベースとした上で、未来予測を述べること

現在の状況について明確に述べることができたら、次は、未来予測に関してプレゼンを行います。

例えば、プレゼンのテーマを「自動運転技術の今後」というテーマとしましょう。現状は、自動車が人間の力を借りずに、自動的に運転されることはあり得ないと考えている人が多い状況です。

しかし、現在、運送業者の人手不足の問題がすでに発生しています。そして近未来には、円滑な物流が成立しにくい状況が懸念されています。こんな状況を加味して、自動運転に関する未来予測を述べてみましょう。

例えば、こんな感じです。

「自動運転技術の確立は大変難しいように思えます。しかし、運送業者の人手不足により、物流が回らないことが差し迫った問題になってきているのです。待ったなしです。国も力を入れはじめました。ですから、自動運転技術は、十年とは言わず、あと数年で一部実用化できるレベルに達することでしょう」。

さて、プレゼンの説得力を強化したいリーダーは、本学話し方教室をご利用になってください。それが一番です。


 コピーライト話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/プレゼン/話し方教室入門・教養講座 スタッフ委員会/学院総長監修


  • 2017年11月25日

コース・講座のご案内 以下は、コース講座案内

携帯電話のバーコードリーダー等で読み込んでください。