社長・管理職の話し方教室-起業家の成功にはコミュニケーションスキルが必須!

起業家が「人間関係を築く」時に注意すること

「アントレプレナー(米国)」では、起業家が人々に与えるメッセージについて、注意したい5つの点をアドバイスしています。そしてビジネスの長期的な成功につながるのはコミュニケーションだと言っています。(2018/08/31)。

相手を尊重すること

まず相手が従業員であれクライアントであれ、尊重する姿勢は大切。特に問いただす立場にある場合などは、最近ではソーシャルメディアで非難されるケースも少なくないから注意すべきといっています。

言葉使いに注意すること

それと関連して、言葉の不注意にも言及しています。若い起業家は特に、言葉や言動に何度も何度も注意を払う必要があるとしているのです。

正直であること

さらに正直であること。リンカーンの格言に「すべての人たちを一時、または一部の人たちを常にだますことはできる。しかし、すべての人を、常にだます、ことはできない。」という言葉があるそうです。誠実な姿勢は長期的な成功につながると主張しています。

思慮深くあること

さらに思慮深さも起業家に大切な要素だといっています。特徴的な言葉遣い、風変わりなスタイルは個性があり目を引きやすいのですが、雰囲気や勢いに流されず、じっくりと考え判断する姿勢が実際のレースに勝つ方法だと述べています。

思いやること

そして「思いやり」についても話しています。しかし、ここでは情があることと優しいことは同じではないと強調しています。ビジネスとしての思いやりは、勝利を含んでいるものだというのです。

起業家は「説得力を持つこと!」

アントレプレナーでは、起業家が人間関係を構築する時の注意点を5つ述べています。それは、1.相手を尊重すること 2.言葉使いに注意すること 3.正直であること 4.思慮深くあること 5.思いやること、の5つです。

確かにどれも大事なことであり、これに異を唱える人はいないでしょう。でも、あと一つだけ私の方で付け加えておきたいことがあります。それは「説得力」を持つことです。

なぜなら、自分が売りたい商品やサービスが人々の日常生活を変える可能性もあるのが起業家という存在です。しかしながら、どんなにいい物でも、いいサービスでも、それを人に売り込めなければビジネスが成立しないのです。ですから、起業家は、説得力を磨くことも必須であることを忘れてはなりません。

© 話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/コミュニケーションスキル/学院総長の 社長・管理職ブログ