リーダーシップの話し方教室|経営者と従業員間で効率的なコミュニケーションをするには? - 話し方教室ニュース - 話し方教室日本コミュニケーション学院東京:話し方教室の名門
日本コミュニケーション学院
サイト内検索

話し方教室 東京 あがり症

 

リーダーシップの話し方教室|経営者と従業員間で効率的なコミュニケーションをするには?

 
経営者は従業員と定期的なコミュニケーションを
経営者は効率的なコミュニケーションができることで、従業員からの職場環境に対する満足度や、生産性なども高められるとして、Karen S. Johnson氏がChronの4月27日の記事で、その方法を紹介している。

まず、定期的な面談やコミュニケーションをとったり、ミーティングを開いたりすることで、従業員の会社への役割を再認識させるとともに、経営者側も、どの作業などが個々に最適なのか把握できるとしている。

 
リーダーシップ/イメージ画像
 
コミュニケーションは双方向で、目を見て話を最後まで聞く
経営者と従業員間のコミュニケーションは、一方的であってはならない。従業員の意見などから、新たなアイデアやソリューションが生まれる可能性もあるため、お互いのコミュニケーションに対する姿勢も改善するべきだろう。

経営者は何かをしながら、従業員の話に耳だけを傾けることが多い。作業を止めて、しっかりと目を見て、話を最後まで聞くことで、従業員が気兼ねなく話すことができ、信頼関係が生まれ、コミュニケーション(会話)ができる関係の構築につながっていく。

■参照情報・文献等/Chron


まとめ/話し方教室の視点と要点:経営者と従業員の効果的コミュニケーションのポイント

①定期的な面談やミーティングなどのコミュニケーションをとり、従業員へ役割を再認識させる。また経営者側も、適材適所を把握する。

経営者と従業員間のコミュニケーションは、一方的ではなく、双方向であること。従業員の意見からアイデアやソリューションが生まれる。

経営者は何かをしながら、従業員の話を聞かないこと。作業を止めて、目を見て、話を最後まで聞くこと。それで信頼関係が生まれる。

経営者と従業員のコミュニケーションの機会は、定例化されていることが大事だ。つまり定期的に実施することが重要になる。それに加えて、必要に応じて、不定期でも実施することが望ましい。

経営者はともすると、従業員の話を価値が無いものと思っしまいがちである。「そんな話を聞く暇があったら、他のことをやりたい」と思ってしまうのだ。

でも、あなたのために仕事をしてくれいる仲間を大事にしないで、彼らが経営者を信頼することもないだろう。

リーダーはコミュニケーション能力を磨かねばならない。これはリーダーシップのコアスキルだからだ。リーダーのコミュニケーションなら、
コミュニケーションスキルの名門・日本コミュニケーション学院東京で学ばれるのが良いだろう。

■話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/ワールドニュース・スタッフ委員会



コース・講座のご案内 以下は、コース講座案内

携帯電話のバーコードリーダー等で読み込んでください。