話し方教室「話し方やスピーチの練習は成果がみえなくとも続けるべき!スポーツと同じ」(話し方ニュース東京)

言葉や文章を読む練習を組込み、発音の難しい言葉は重点的に練習

コミュニケーション及びスピーチなどは、スポーツと同じであり、練習の成果がみえなくとも、継続することで着実に改善されていくとして、その練習方法がア・ヘルシア・ミシガンの5月26日の記事で紹介された。

まず、毎日やるべきことをしっかりと決めておくことが大切だ。

例えば、言葉や文章を読む練習を組み込み、発音の難しい言葉を見つけたら重点的に時間を費やすと良い。口や舌の使い方を改善するために、毎日20分から30分は必ず練習をするべきだ。

スピーチの話すスピードを遅くすることで、緊張もほぐれる

また、話すスピードをより遅くすることで、思いついた考えなどを整理する余裕ができ、適切な言葉を使うことが可能になる。更に、自身の緊張もほぐれ、リラックスできるとともに、相手も理解しやすくなるだろう。

行き詰まりを感じたら、友人や家族に聞いてもらうと良い。もし、プライベートで練習したいのであれば、録音機器を活用して、自身のスピーチを聞くことも一つの手だ。こうすることで、客観的に自身をみつめることができ、問題解決への近道となる。

話し方教室の視点「スピーチ練習のポイント」

1.コミュニケーション及びスピーチなどは、スポーツと同じであり、練習の成果がみえなくとも、継続することで着実に改善されていく。

2.言葉や文章を読む練習を組み込み、発音の難しい言葉を見つけたら重点的に時間を費やす。口や舌の使い方を改善するために、毎日20分から30分は練習をするべき。

3.話すスピードをより遅くすることで、思いついた考えなどを整理する余裕ができ、適切な言葉を使うことが可能になる。更に、自身の緊張もほぐれ、リラックスできるとともに、相手も理解しやすくなる。

スピーチの個人での単独練習は、やった方がよい。しかし、それだけでは、特に初心者には足りない!と言っていい。なぜなら、殆どの初心者は「スキル」以外に「あがり症」の問題も抱えているからである。

初心者は特に、人について習ったほうがよい。ゴルフでも何でもそうだ。基礎がキチンとできれば、後は伸びいくことができるものだ。

話し方教室の指導者は玉石混交。腕の良い指導者に教えてもらうことが肝心になる。どうせやるなら、東京にある話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院で訓練されるのがよいだろう。

話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/スピーチ,パブリックスピーキング/話し方教室ニュース・スタッフ委員会