日本コミュニケーション学院
サイト内検索

話し方教室 あがり症 東京

 

スピーチの話し方教室|自信があるようにみせるスピーチの方法とは

 
スピードをコントロールする、間をとってスピーチする
チャップマン大学の調査によって、アメリカ人の最も恐れることの一つが「(パブリック・スピーキング)人前で話すこと」だと分かっている。

しかしながら、会社のトップに立つ人にとって、パブリック・スピーキングができないと、その事業などに大きな痛手となっていく。自信がなくとも、自信があるようにみせられるパブリック・スピーキングの方法をMandy Gilbert氏が、Inc.の5月30日の記事で紹介している。

まず、話すスピードをコントロールする必要がある。これにより、聞き手の興味を引くことができ、自信を示すことができる。また、しっかりと話に「間」を作ると、より効果的になると言える。急いで話すとミスも多くなるので、その改善にもつながっていく。

 
スピーチ/イメージ画像
 
ステージの上ではキャラクターになりきってスピーチを
ステージ上では何かのキャラクターになりきって、成功するまでそれを続けると良いと言われている。キャラクターになりきると、緊張や不安を払拭することもできるため、自身に合った話し方などを探してみると良いだろう。

また、聞き手と自身の知識量が、同じであると思ってはいけない。専門用語などを使わずに、誰もが理解できる言葉で話すべきだ。

■参照情報・文献等/Inc.


まとめ/話し方教室の視点と要点:うまい!と思わせるパブリックスピーキングのポイント

①話すスピードをコントロールする必要がある。これにより、聞き手の興味を引くことができ、自信を示すことができる。しっかりと話に「間」をとると、より効果的になる。

ステージ上では何かのキャラクターになりきって、成功するまでそれを続けると良いと。キャラクターになりきると、緊張や不安を払拭することもできる。

聞き手と自身の知識量が、同じであると思ってはいけない。専門用語などを使わずに、誰もが理解できる言葉で話すべき。

アメリカ人の最も恐れることの一つが「(パブリック・スピーキング)人前で話すこと」だと分かっている。しかし、会社のトップに立つ人にとって、スピーチを避けては通れないのだ。

スピーチの恐怖をなくすには、断トツの「実力」をつけるしかないが、そのためには断トツの訓練が必要である。つまり時間がかかる。その間は、上記のことを参考に、スピーチに臨むのもよいだろう。

日本には幸い、断トツの「実力」を、最短で身に付けるスピーチ講座が、ただ一つだけある。それはスピーチの名門・日本コミュニケーション学院東京である。社長・経営者のスピーチならここで
訓練されるのが一番だろう。

コピーライト話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/ワールドニュース・スタッフ委員会



コース・講座のご案内 以下は、コース講座案内

携帯電話のバーコードリーダー等で読み込んでください。