日本コミュニケーション学院
サイト内検索

話し方教室 東京 あがり症

 

話し方教室|スピーチ講座「結婚式スピーチを最高なものにするための幾つかのポイント」

 
鏡の前で練習を重ね、本番では顔を上げてスピーチする
自身だけが知る新郎新婦との思い出を語ることができたり、参列者を笑わせたりと、結婚式でのスピーチは、非常に良い時間を生み出す。

「Female First」が13日の記事において、結婚式スピーチを最高なものにするため、幾つかのポイントを紹介している。


スピーチは声に出して、鏡の前で繰り返し練習する必要がある。メモを用意することは良いが、メモを確認し過ぎて、顔が下がったままにならないよう、可能な限り顔を上げてスピーチをするべきだ。

 
スピーチ講座/イメージ画像
 
結婚式スピーチも、あらかじめ構成を考え即興では行わない
結婚式スピーチは、伝えたいことなどを考え、構成などをつくる必要があるため、仕事におけるプレゼンテーションに似ている。あらかじめ準備をしっかりしておき、決して即興で行ってはならない。

新郎新婦や参列者などは、スピーチを行うあなたに、興味を寄せていることを忘れてはならない。スピーチを聞きたいと思っているため、みんな味方だといっても良い。

新郎新婦との面白い思い出話をみんなに聞かせたり、ジョークを交えたりと、失敗を恐れずに自身も楽しむことが大切だ。



まとめ/話し方教室の視点と要点:うまい結婚式スピーチのポイント

スピーチは声に出して、鏡の前で繰り返し練習する。本番ではメモを用意することは良いが、顔を上げてスピーチをするべき。

結婚式スピーチは、伝えたいことなどを考え、あらかじめ構成をつくる。プレゼンテーションと同じ。決して即興で行ってはならない。

結婚式スピーチの構成を日本コミュニケーション学院では、祝う、褒める、励ます、の流れでつくってもらっている。これなら、過不足ないスピーチになる。

スピーチの準備や本番での注意点は、話し手のスピーチ力のレベルによって異なる。初心者は、「うまく」などとは考えないことだ。なぜなら、「下手」だから初心者なのである。

さて、いずれにしろスピーチは訓練をしないことには上達しない。どうせ訓練するなら一流の話し方教室がよい。それならスピーチの名門・日本コミュニケーション学院東京をご利用になるのが一番だろう。


コピーライト話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/ワールドニュース・スタッフ委員会



コース・講座のご案内 以下は、コース講座案内

携帯電話のバーコードリーダー等で読み込んでください。