話し方教室「チームの結束を高め、事業を加速するリーダーのコミュニケーションとは?」

リーダーのコミュニケーションがチームを結束させる

優れたリーダーには共通して効率的なコミュニケーションをとっていることが多く、それがチームの結束を高め、事業の加速もしているとして、ローリィ・ダスカル氏がその方法をインクの4月3日の記事で紹介した。

チームメンバーはみんな同じではないため、それぞれに合わせた話し方をしなければならない。アクティブリスニングを行うなどして、どのような話し方が良いのかを把握するべきだろう。

また、相手の話を理解するために、最後まで聞いて、それについて自由回答形式の質問をしたり、リピートしたりして確認することも大切になってくる。

リーダーは相手を尊重したコミュニケーションを

「あなたは何もしていない」など、攻撃的な表現などになる「あなた」を避け、「私」を主語にもってくると良い。

「私は、まだやるべきことが沢山あると思うよ」などとすれば、より生産性のあるコミュニケーションが可能になる。

また、スマートフォンを確認したり、時計をみたりせず、互いを尊重しコミュニケーションすることを心がけるべきだ。言葉選びや、声のトーン、ボディーランゲージにもしっかりと注意を払って話すと良いだろう。

■話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/話し方教室ニュース・スタッフ委員会/リーダーシップ