日本コミュニケーション学院
サイト内検索

話し方教室 東京 あがり症

 

  • 10件中
  • 1 - 10件を表示

31/1/2017

「名前」とはMICHIGAN STATE UNIVERSIYによると、「名前」というのものは、ただ単に相手を呼ぶためのものではないという。名前とは、あなたのアイデンティティであり、「あなた」という人物を表すためのものなのだという。

 
画像:pixabay


続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

30/1/2017

話し方教室「見逃されやすい、小学生の言語障害」

  • 話し方教室ニュース
  • at 2017/1/30 06:00:00

 見逃されやすい言語障害SCHOOLS WEEKによると、イギリスでは、言語障害だと特定されなかった小学生の半分以上へ向けて再調査が行われたという。再調査の結果、言語障害を抱える小学生の特定は、非常に困難であることが分かった。

 
画像:pixabay


続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

29/1/2017

子供の言語障害ユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドンのコートニー・ノーブリー(Courtenay Norbury)教授が率いる研究チームは、「Journal of Child Psychology and Psychiatry」にて、イギリスでは毎年、小学校入学時の1クラス30人あたり2人の子供は言語障害を抱えていると発表した。

研究論文によると、原因不明の言語障害を抱える子供は、社交不安障害、情緒障…

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

28/1/2017

 スーパーヒーローとメディア効果論ブリガム・ヤング大学(アメリカ)のサラ・M・コイン(Sarah M. Coyne)教授は、未就学児の子供をもつ親に対して、子供のヒーローアニメを見る時間を短くすることを推奨している。

未就学児の場合、「スーパーヒーロー」より否定的な影響を受ける傾向にあるという。

  …

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

27/1/2017

脳への刺激と児童発達「Science Daily」によると、神経科学者であり、ノルウェー科学技術大学教授のAudrey van der Meer氏は、研究を通して、遺伝子により「生まれもった個性」が決められ、児童発達は乳幼児期に脳が受けた刺激の影響を受けることを証明したという。

 
イメージ画像:pixabay

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

26/1/2017

話し方教室「親の受け止め方により、子供は真実を話す」

  • 話し方教室ニュース
  • at 2017/1/26 06:00:00

親の受け止め方と子供の嘘ミシガン大学の研究チームは、親が子供の真実を打ち明ける行動を肯定的に受け止める場合、子供は親に対して悪い行為を隠さず、正直に話す傾向にあると発表した。

また、年齢が高い子供は、年齢が低い子供より、自身が行った悪い行為を認めて正直に話すことを正しいと認識している。

ミシガン大学発育成長センターの研究調査員であるクレイグ・スミス(Craig Smith)氏によると、研究目的は、嘘や…

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

25/1/2017

「名前」とはMICHIGAN STATE UNIVERSIYによると、「名前」というのものは、ただ単に相手を呼ぶためのものではないという。名前とは、あなたのアイデンティティであり、「あなた」という人物を表すためのものなのだ。

 
画像:pixabay

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

24/1/2017

話し方教室「ミシェル・オバマ氏の最後の演説」

  • 話し方教室ニュース
  • at 2017/1/24 06:00:00

ホワイトハウスでの最後の演説Rolling Stoneによると、今月20日、大統領任期満了に伴って、オバマ大統領とミシェル夫人はホワイトハウスから退いた。

それに伴い、6日(金)、ミシェル夫人はアメリカのファーストレディとしての最後の演説を行ったという。内容は主に若者へ向けたもので、教育と努力の価値に関してだった。


続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

23/1/2017

話し方教室「若手社員が積極的に会議に参加するために」

  • 話し方教室ニュース
  • at 2017/1/23 06:00:00

 若手社員が抱える問題Harvard Business Reviewによると、多くの若手社員はある共通の問題を抱えているという。あなたは次のような状況を経験したことはないだろうか。

例えば、会議に出席した際、年齢が若いことや経験不足が理由で、発言しようかどうか迷ったことがある。

また、たとえ会議中の質問や議論が奨励されている場であり、さらにあなたが言おうとしていることが当を得た発言であっても、「進行中…

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

22/1/2017

 教師と保護者のコミュニケーションTeacher Castによると、より良い学級運営を行うには、教師と保護者のコミュニケーションは不可欠だと言う。


 
画像は、ぱくたそより

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 10件中
  • 1 - 10件を表示
コース・講座のご案内 以下は、コース講座案内

携帯電話のバーコードリーダー等で読み込んでください。