日本コミュニケーション学院
サイト内検索

話し方教室 東京 あがり症

 

  • 29件中
  • 1 - 10件を表示
  • 次へ

30/7/2017

 薬局でのシフト交代時の引き継ぎに関する研究薬局で働く人々にニュースを伝えるPharmacy Timesは5月1日、シフト交代時の引き継ぎに関する研究を紹介した。研究は米ウィスコンシン大学の研究者によって行われ、Journal of Patient Safetyに掲載された。

 
コミュニケーションエラー/画像:wikimedia


続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

29/7/2017

 ラリー・ペイジのリーダーシップ術グーグル共同創業者・前最高経営責任者であり、現在はグーグル親会社のアルファベット最高経営責任者であるラリー・ペイジ(Larry Page)氏は、経営者として高い評価を得ている。

グーグルやアップルの元幹部であるキム・スコット(Kim Scott)氏は、ペイジ氏よりリーダーの在るべき姿を教えられた一人である。「CNBC MAKE IT」では、スコット氏が語るペイジ氏の…

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

27/7/2017

 職場のコミュニケーションと愛社精神4月29日のBUSINESS 2 COMMUNITYでは、職場内での健全なコミュニケーションを実施・醸成するためには、従業員の愛社精神が必要であるという。そのためにはどうしたらよいのだろう。

 
職場のコミュニケーション/画像:プレスリリース

 従業員は愛社精神を持っているのだろうか?同記事は、ハーバード・ビジネス・レビューが従業員のエンゲージメントに関し550名以上…

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

26/7/2017

赤ちゃんの言葉とジェスチャーの関連性を研究Science Dailyは4月26日、赤ん坊が言葉を話し始める時期に見られる発声行動とジェスチャーの関連性に焦点を当てた研究を紹介した。この研究は言語学分野の学会誌、Signosに掲載された。

 
言語の習得/画像:pixabay

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

25/7/2017

 相互の便益が高まる協調的交渉近年、交渉において、協調が非常に重視される。交渉相手を理解し、協調的にコミュニケーションを図ることで、相互の便益は高まるといわれる。

また、協調的交渉を展開するには、時間の活用、相手の興味・関心度が重要ともなる。交渉時間を効率的に活用して交渉を行い、交渉相手の興味・関心度を高めることにより、望ましい成果が得られる。

「Forbes」では、生産性を向上させる交渉術について紹…

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

24/7/2017

 ビジネスコミュニケーションのこれからCustomer THINKでは4月25日、コミュニケーションとコラボレーションツールの導入が企業の生産性を向上させるという調査について述べている。

 
ビジネスコミュニケーション/画像:プレスリリース

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

23/7/2017

 議論で説得するポイントFast COMPANYは、討議や議論において説得力をどう高めるか述べている。説得は言葉でも力でもないという。ではどう説得するか、そのポイントを紹介している。

 
議論の説得力/画像:photoAC

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

22/7/2017

 イマドキ男子の、母親との関係性を調査株式会社マンダムは4月25日、若い男性を対象に、母親との関係性に関して実施した調査の結果を発表した。

少子化などの影響により、母親と息子の関係性は変化。「ママっ子男子」という言葉が出てくるなど話題となっている。

今回の調査対象となったのは、15~24歳の男性415名。インターネットリサーチにより2016年11月に実施された。…

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

21/7/2017

 面接時は、自分がプロフェッショナルであることを意識する就職活動において、面接は自分自身をアピールする重要な場所である。なぜなら、履歴書だけでは人の中身は分からないからだ。

Leader to Leaderの編集を務めるPeter EconomyはInc.のコラム内で、面接時はプロフェッショナルであることを心がけることが不可欠だと述べ、またその際に気をつけるべき点を挙げている。

 …

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

20/7/2017

 バーチャル・ヒューマンを使った医学生のコミュニケーション・トレーニングUPI通信社は4月27日、バーチャル・ヒューマンを使った医学生のコミュニケーション・トレーニングに効果があったという研究を紹介した。研究は米ミシガン大学で行われ、Journal of Patient
Education and Counselingに掲載された。

 
バーチャル・ヒューマン会話術/画像:pixabay

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 29件中
  • 1 - 10件を表示
  • 次へ
コース・講座のご案内 以下は、コース講座案内

携帯電話のバーコードリーダー等で読み込んでください。