日本コミュニケーション学院
サイト内検索

話し方教室 東京 あがり症

 

  • 30件中
  • 1 - 10件を表示
  • 次へ

30/9/2017

 リーダーシップの多様化と企業の成長変化の速い環境下において、リーダーシップの多様化は重視される。リーダーシップの多様化により、企業や組織は成長できる。

ナミビア共和国の保険会社であるOld Mutual Short-term Insurance取締役社長のナングラ・カウルマ(Nangula Kauluma)氏は、固定通信業者テレコム・ナミビア主催「Economist Businesswomen」に…

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

29/9/2017

 外国語を話す人は、功利主義に従って行動する傾向シカゴ大学心理学部の研究チームは、「Psychological Science」にて、外国語によるコミュニケーションが道徳的判断に影響を与えると発表した。

外国語を話すことにより、功利主義の理念「最大多数の最大幸福」(多数に最大の幸福をもたらすことが善であるとする説)に従って行動する傾向になるという。

 …

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

28/9/2017

 マネジメントは、意外な場所で学べるアメリカでマネジメント・スキルに関する著作を出版し、リーダーシップのコーチとして活躍するビクター・リップマン氏は、氏が読んだ研究を紹介する記事を9月12日、Forbesに投稿した。

 

氏のこれまでの経験によれば、マネジメントに関しては意外な場所で学ぶことができ、洋の東西を問わずに通用する真実があるという。…

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

27/9/2017

 経営幹部に求められるコミュニケーションスキルCIOは9月15日、幹部になってからの心得ともなる、コミュニケーション術について専門家のアドバイスを掲載している。

 
コミュニケーションスキル/画像:photoAC
 わかりやすく話すために、伝え方は柔軟に経営幹部であるC-Suite。エグゼクティブのコミュニケーションスキルとはどのようなものか、いくつかのポイントを紹介している。

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

26/9/2017

 子どもの教育問題を、スーパーマーケットが解決するWDTVは9月13日、低所得者の子どもの発育について、心理学の観点からアドバイスしている。彼ら低所得者が子どもの教育問題を解決できる機会は、「スーパーマーケット」にあると語る。

 
スーパーマーケット/画像:photoAC
 スーパーマーケットは、親子の「会話」を促進する米国の貧困児童センター(National Center of Poverty)は、低…

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

25/9/2017

 第二言語による会話がもたらす影響ポンペウ・ファブラ大学(スペイン)のアルベルト・コスタ(Albert Costa)教授は、「Current Directions in Psychological Science」にて、第二言語による会話が意思決定・決断力や論理的思考力を鍛えると発表した。

 
言語能力/画像:pixabay
 自然と身に付く言語が母語、意図的に努力して習得した言語は第二言語言語は習得過…

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

24/9/2017

 医師は治療の前に、コミュニケーションの確立が必要Medscapeは9月12日、米国臨床腫瘍学会(ASCO)が患者とのコミュニケーションに関するガイドラインを制定したと発表。患者の治療の前にコミュニケーションの確立が求められる。

 
医療コミュニケーション/画像:photoAC
患者とのコミュニケーションを改善するトレーニングプログラムの枠組み提供新しい臨床医へのガイドラインは、患者とのコミュニケーショ…

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

23/9/2017

 企業におけるコーチング人材育成や活性化により企業における人的資産の価値は高まり、企業・組織は成長するといわれる。

人材育成や能力開発には、コーチングが効果的である。研修と異なり、コーチングは砕けた雰囲気で行われ、優れた成果が期待でき、費用対効果が大きい。

「elitebusiness」では、企業におけるコーチングについて教授している。…

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

22/9/2017

 ローマ法王のコミュニケーション哲学Catholic News Serviceは9月8日、社会学者がローマ法王に行ったインタビューについてまとめている。彼の親しみやすさ、市民への目線は、彼のコミュニケーション哲学にあるようだ。

 
コミュニケーション・スキル/画像:photoAC
 明確に話すように努めている。明確にできなければ話さない。誰にでも気さくで、市民の声を好んで聞く現ローマ法王・フランシスコ。…

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

21/9/2017

 職場で気軽に自分の意見を言える女性は、男性の半分イギリスのビジネス向けネット・メディアHuddledは9月11日、ロンドンの王立演劇学院(Royal Academy of Dramatic Art: RADA)の子会社、RADA in Businessが最近行った調査を紹介した。

同社は企業向けにコミュニケーション・スキルのトレーニングを提供している。

 …

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 30件中
  • 1 - 10件を表示
  • 次へ
コース・講座のご案内 以下は、コース講座案内

携帯電話のバーコードリーダー等で読み込んでください。