日本コミュニケーション学院
サイト内検索

話し方教室 東京 あがり症

 

  • 64件中
  • 1 - 10件を表示
  • 次へ

30/4/2018

 初期の人類の眉の部分の突出は身体的な優位性を示すものだった?米国オハイオ州を本拠地とするGenetic Literacy Projectは4月17日、眉毛の進化をテーマとした研究を紹介した。

 
非言語コミュニケーション/
画像:commons.wikimedia.org…

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
 リーダーシップスタイルが与える影響とはリーダーシップには様々な種類があり、リーダーには組織・企業、チームの特徴に適合したリーダーシップスタイルを使い分けることが求められる。

刻々と変化するビジネス環境下では、適したリーダーシップにより、効率性・生産性は高まる。


それゆえ、リーダーシップ類型における特徴や影響力に対する正しい理解は、コミュニケーション、問題解決、協調性・調和性、人材育成・能力開発を促す…

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

29/4/2018

「児童福祉システム」が子育て及ぼすデメリット4月10日のScience Dailyで、近隣住民の少ない環境で子育てをしている世帯に児童福祉システムが介入すると、児童虐待の数を増加させる可能性があると報じている。

ミシガン大学が主体となって、20の大都市の2,300世帯にアンケートやインタビューを実施し、集計結果を分析した。

すると隣人が少なく地域社会とのつながりが希薄な世帯には児童福祉システムが介入し…

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
 リーダーシップ研修で優秀なリーダーが育成されるのは8%近年、ビックデータを活用して、リーダーシップにおける新たな価値創出を試みる企業は少なくない。しかしながら、ビックデータは評価基準・指標に過ぎない。

ハーバード大学のバーバラ・ケラーマン(Barbara Kellerman)氏は、企業がリーダーシップ研修の効果、リーダー育成に対してマイナス評価を下す場合、ビックデータ・アナリティクスにて評価してい…

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

28/4/2018

 話題に集中し、「聞く」こと、そして「発言」することビジネスなどのチームに対して、話し方や姿勢を改善することで、良い影響が与えられるとして、プレゼンテーションのプロであるSimon de Cintra氏が、TrainingZoneの18日の記事で、その方法を紹介している。

会議などにおいて、考えを頭の中だけで思っているだけでは、全く相手に伝わることがない。一人で処理をしようとするのではなく、話題に集…

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
 優れたコミュニケーターかどうかは、相手が判断するものビジネスのプロは、自身が優れたコミュニケーターであると考えていることが多いが、良いかどうかは相手が判断するものである。

相手への印象などを改善し、より効率的なコミュニケーションをする方法を、Martin Zwilling氏がBefore It's Newsの14日の記事で紹介した。


まず、相手からの信頼を得ることが、効率的なコミュニケーションをとる…

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

27/4/2018

 リーダーシップ類型を知り、ビジネスの生産性を高める組織運営・管理において、リーダーシップは大きな影響を与える。リーダーシップにより、ビジネスは簡潔・簡素化され、効率性や生産性が高まるといえる。

「GUY COUNSELING」では、リーダーシップへの理解を深める目的にて、リーダーシップ類型論を紹介している。

リーダーシップ類型では、リーダーの性格・人柄、組織、フォロワーに基づき、目的・目標達成におい…

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
 話す前に準備する、有益でないならミーティング中止も必要ビジネスパーソンであれば、多くの時間をミーティングに費やすが、ときとして非効率的なときもある。どのように効率的なミーティングにし、コミュニケーションがとれるのか、その方法がGood To SEOの14日の記事で紹介されている。

ミーティングにおいて話す前にはしっかりと時間をとり、内容を準備することが大切だ。ミーティングは予定されていることが大半…

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

26/4/2018

 1~3歳は、継続的に話しかける「根気強さ」が最も重要子どもとのコミュニケーションの方法は、年齢(成長)によって、もちろん変えていかなければならない。その効率的な方法をRIA BANERJEE氏がWOW Parentingの7日の記事において紹介した。

1歳から3歳までは成長速度がはやい。「いないいないばあ」などで、子どもの注意を引きつけたり、継続的に話しかけたりすると、言葉と動き、モノと名前を一致…

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
効率的なコミュニケーションスキルを妨げる「壁」を知る効率的なコミュニケーション・スキルは、リーダーシップを発揮するために欠かせないものとなっており、それを妨げる壁を知ることが、自身はもちろん周りの人にも大きな変化をもたらすとして、Martin Webster氏がLeadership Thoughtsの15日の記事において、その壁の例を紹介した。

まず、コミュニケーションの時間は設けるものの、言いたい…

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 64件中
  • 1 - 10件を表示
  • 次へ
コース・講座のご案内 以下は、コース講座案内

携帯電話のバーコードリーダー等で読み込んでください。