日本コミュニケーション学院
サイト内検索

話し方教室 東京 あがり症

 

  • 4件中
  • 1 - 4件を表示

30/10/2018

 いかに苦手意識を克服し、スピーチを効率的に行うか人前で話をすることは、死ぬことよりも怖いとする回答が多くあると、これまで様々な調査結果から明らかになっている。

いかに苦手意識や、あがり症を克服し、効率的なスピーチができるのか、その方法を、the balance careersの7月6日の記事で紹介されていいる。

まず、人前で話すときには、あらかじめ学ぶ時間を確保し、そのテーマについての知識をしっかり…

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

25/10/2018

オフィス環境とコミュニケーションBenefits proは7月9日、開放的なオフィスが従業員同士のコミュニケーションを低下させるという調査について掲載。視覚的にも多くの情報が入りすぎるようだ。

 
 オープン・オフィスで対面コミュニケーションが低下ハーバード大学教授らが発表した論文によると、現代のオープン・オフィス・アーキテクチャーは、対面でのコミュニケーションを低下させ、メールなどの通信手段を増加さ…

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

20/10/2018

 リーダーに必要なコミュニケーションスキルNEWSMAXでは7月6日、歴代の米国大統領のコミュニケーション能力を活かした事例を紹介。パブリックスピーキングのポイントを3つ挙げている。

 
 指導者に必要なスピーチ能力・3つのポイント大統領は偉大なコミュニケーターでなくてはならず、それを可能にする3つのポイントを歴代の大統領とともに紹介している。

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

15/10/2018

パブリック・スピーキングにおける準備時間の重要性多くは、人前で話すことに対して苦手意識を抱く。静まり返った会場、聴衆からの注目を前に、手に汗を握る、胃痛を感じるなど極度の緊張、不安を感じる。

一方、パブリックスピーキングは丸太から落ちるのと同じくらい極めて容易であると感じる者もいる。


「THE IRISH TIMES」によると、コミュニケーション・ビジネスマナーコンサルタントのブレンダ・ハート(Bre…

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 4件中
  • 1 - 4件を表示
コース・講座のご案内 以下は、コース講座案内

携帯電話のバーコードリーダー等で読み込んでください。