日本コミュニケーション学院
サイト内検索

話し方教室 東京 あがり症

 

  • 7件中
  • 1 - 7件を表示

30/12/2018

 トラックドライバーの離職の原因は?Fleet Ownerは8月7日、トラックドライバーと運行管理者の良好な関係が、ドライバーの離職率を減らす効果があるというアドバイスを掲載。コミュニケーションは初期段階が鍵だと述べている。

 
 運行管理者との良好な「関係」が離職を減らすアメリカトラック協会(American Trucking Associations)によると、昨年第3四半期のドライバーの離職率は…

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

25/12/2018

 デジタルリーダーのリーダーシップとは?CMS WiREでは8月7日、成功するデジタルリーダーの特徴について掲載。最高デジタル責任者の重要性が増す中、求められるリーダーシップは他のリーダーとどのように違うのだろうか。

 
 デジタルリーダーは対人コミュニケーションに努力をデジタルリーダーはどうあるべきか、同記事では起業家や企業のリーダーにそのヒントを求めている。

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

20/12/2018

 精神状態と情報処理における関係性ユニバーシティ・カレッジ・ロンドンの研究チームは、「The Journal of Neuroscience」にて、精神状態と情報処理における関係性について発表した。

ストレス、不安、恐怖を感じている状態下では、否定的情報より肯定的情報を認知しやすい傾向にあり、否定的情報を正しく処理して受け止められると報告している。

 …

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

15/12/2018

 サイバーセキュリティー対策と社内コミュニケーションSecurityIntelligenceは7月31日、CISO(情報セキュリティ責任者)の役割とコミュニケーションの重要性を指摘。サイバーセキュリティのスキル不足がデータ侵害の件数を増やしているという。



 コミュニケーションスキル改善へのプレッシャー情報システムセキュリティ協会(ISSA)の昨年の調査によると、過去2年間に少なくとも1件のデータ侵…

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

10/12/2018

 医師と患者のコミュニケーションHealth24では7月31日、医師と患者のコミュニケーションに関する調査を取り上げている。現実問題として、患者の不安や訴えを聞き理解する医師は多くないようだ。

 
 コミュニケーションが機能しているかをテスト記事は、Journal of General Internal Medicine誌に掲載された最近の研究を掲載。

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

5/12/2018

言葉以上に、ボディ・ランゲージが大事ジーン・ハメット氏は、7月26日、NSA(National Speaker Association)年次会議に出席し、名声ある殿堂話者達から、プロの話し手として学んだコミュニケーション・スキル向上ための習慣を紹介した。

 

「ザ・ダイバーシティー・アドバンテージ」第3版の著者であるレノーラ・ビリングズ・ハリス氏が、「効果的なコミュニケーションとは、単なる言葉以上のも…

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

1/12/2018

 コミュニケーションで歴史も変わるTenterfield Starでは7月24日、コミュニケーションが人を尊重し関係を築くのに役立つという意見を掲載。コミュニケーションは歴史さえも変える力を持っているとしている。

 
 「言語」が暗号として軍事戦略に活用された同記事では、米国のあるコミュニティの牧師の意見を掲載。彼は第二次世界大戦中に活躍した兵士・フィリップ・ジョンストンについて語っている。

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 7件中
  • 1 - 7件を表示
コース・講座のご案内 以下は、コース講座案内

携帯電話のバーコードリーダー等で読み込んでください。