話し方教室東京 コラム-建設業の安全対策はコミュニケーションとチームワーク、プラスα

危険な事故の主な原因は何か

産業の安全衛生、健康福祉のサイト・イーエイチエス ツデイでは、ジー・シー・シャー氏が建設業における安全推進策を記している。

アメリカ合衆国労働統計局によれば、米国労働人口の4%を建設労働者が占めているのに対し、建設労働者の業務災害による死亡は全労働者の21%にも及ぶ。そのほとんどは、転落・感電・衝突・はさまれの4原因から生じている。

危険な事故は、コミュニケーションの不足、安全行動の不履行、時代遅れの道具や文書管理、団結の欠けた労働環境に起因しているという。

建設プロジェクトの成功は信頼とチームワークと・・

成功する建設プロジェクトというのは、旧来からの「信頼とチームワーク」だけでなく、昨今の技術革新に伴うモバイル機器、ドローン(無人航空機)や気の利いた小道具の使用に至るまで、共通する多くの特徴を有している。

建設プロジェクトの開始にあたっては、主要なリスクをつきとめ、広範なリスク評価を実行すること。現場や工事内容による特有のリスクだけでなく、下請事業者の選定・訓練、緊急対応、現場の地形や気候対応等、それらすべてを予算化することが必要だ。

そして管理監督者には、潜在的なリスクやそれらを軽減する手段を、常に直ちに通知されるようにすることが肝心である。

安全な建設プロジェクトのためには、コミュニケーションの促進やチームワークが重要になるのは当然である。しかしまた、管理者はそれだけに頼ってはならないのである。

■ 記事関連・話し方講座/管理職専門・話し方教室

■ 話し方コラム提供/話し方教室,ビジネスコミュニケーションの名門・日本コミュニケーション学院(東京)/話し方コラム・スタッフ委員会