話し方教室東京 コラム-上司に必要な効率的コミュニケーション能力!

誰でも理解できるシンプルな言葉で、曖昧な表現を避けること

マネージャーがプロジェクトなどを成功へ導くためには、効率的なコミュニケーション能力が必須である。適切な指示を出し、スムーズに作業を進めるためにも求められる能力である。その改善方法をリシ・ジョーシー氏がスクリブドの記事で紹介している。

指示や連絡事項などがしっかりと、誰にでも伝わるようにマネージャーはシンプルな言葉で話す必要がある。相手を尊重した上で、曖昧な表現を避け、明確に情報や自分自身の考えなどを伝えると良いだろう。互いに勘違いやミスを生むことなく、ビジネスの評価を高めることにもつながる。

コミュニケーション方法を決めておき、敬意を払い適切な言葉遣いを

緊急の場合や、リモート(遠隔地)で働く人とどのようにコミュニケーションをとるのか、そのツールや方法をあらかじめ決めておくことは大切で、そうすればどんな状況でも、スムーズに連絡がとれるようになる。

ビジネスコミュニケーションでは、もちろん礼儀正しさも求められる。相手にしっかりと敬意を払い、適切な言葉遣いをするべきだ。それがビジネスにおける関係性の改善にもつながっていく。

■ 記事関連・話し方講座/管理職専門・話し方教室

■ 話し方コラム提供/©話し方教室,ビジネスコミュニケーションの名門・日本コミュニケーション学院(東京)/話し方コラム・スタッフ委員会