話し方教室東京 コラム-相手を理解するために話を聞くこと、検証すること!

相手を理解するには、まず話を聞くこと

ザ ヘラルドでは、ポジティブなコミュニケーションのためには、「相手の視点を理解すること」を学ぶ必要があるというソーシャルワーカー・ウェブスター氏のアドバイスを掲載している。そのスキルに重要な要素は「検証」にあるとしている。

コミュニケーションスキルを磨くためには日々の練習が必要であり、その中で重要なのはリスニングである。

練習の例えとして、子供なら幼児であればボールを転がし受け止める遊びをすることで「交代で話す」ことを学ぶ。学校ではボディランゲージとマナーがカリキュラムに組まれており、ボディランゲージには話している人と向き合うこと、相づちをうつこと、邪魔しないことが含まれる。

大人なら相手の話を聞き、検証すること

ウェブスター氏によると、大人の場合必要なスキルは相手を「検証」することだという。つまり、相手の話を単に信じる、同意するということではなく、話している内容や相手の感情、信念などがどの程度真実なのかを認識・確認することと述べている。

検証がなければ、どこかで誤解とズレが生じ、会話に結論が出ないばかりでなく人間関係にも大きく影響してしまう。検証は相手への尊重でもあり、相手に価値を感じさせ、相互理解と関係構築につながっていくとしている。

■ 記事関連・話し方講座/仕事で必須の2大コミュニケーション能力開発・話し方教室

■ 話し方コラム提供/話し方教室,あがり症克服,コミュニケーションスキル教育の名門・日本コミュニケーション学院(東京)/話し方コラム・スタッフ委員会