話し方教室東京 コラム-相手の言葉以上に、非言語コミュニケーションに注意せよ!

コミュニケーションは単なる情報交換ではない

カリージタイムズでは、コミュニケーションは単なる情報交換ではないという、起業家の意見を掲載している。そこに注意することで向上し、生活やビジネスに活かせるという。

人は生まれてからずっとコミュニケーションを続けている。赤ちゃんは親の気を引くために泣き、成長に従い人の話を聞くようになり、効果的に相手に伝える方法を開発していく。

つまり成長過程で誰もがトレーニングを行っているわけだが、誰もがコミュニケーションに優れているわけではない。

その違いはコミュニケーションが単なる情報交換ではないことを認識しているかどうかにあると、法務サポートサービス・リーガルコネクトの創始者メーラ氏は述べている。

相手のメッセージだけでなく、非言語コミュニケーションに注意する

研究によると、コミュニケーションの55%はボディランゲージ、38%が声のトーン、7%は言葉で理解されている。良いコミュニケーターになるためには、非言語コミュニケーションに注意を払わなければならない。

つまりコミュニケーションの際に、発せられたメッセージだけではなく、その背後にある感情や意図を非言語コミュニケーションから読み取る必要があるということだ。

これは簡単なことではないが、取り組むほどに自身の成長とキャリアに反映されるようになっていくのだ。

■ 記事関連・話し方講座/仕事で必須の2大コミュニケーション能力開発・話し方教室

■ 話し方コラム提供/©話し方教室,コミュニケーションスキル教育の名門・日本コミュニケーション学院(東京)/話し方コラム・スタッフ委員会