話し方教室ニュース「パートナーとのコミュニケーションを改善する!」

会話が必要なときに後回しにしない

「コミュニケーション」は、パートナーとの関係を改善させることに大きく寄与する。相手を変えることは難しいが、あなた自身は変われるとして、オープンで正直なコミュニケーションをとる方法を、スコット・ステイビル氏がマインドボティーグリーンの記事で紹介している(2018/06/21)。

伝えなくてはいけない大切なことや、問題があるときは、後回しにせずにできる限り早く相手と話をするべきだ。テレビ番組が始まる前や、パーティへ行く道中ではなく、適切な時間をしっかりと設けて、落ち着いて会話すると良いだろう。

辛抱強く相手の言葉を待って会話を

人それぞれ色々な考え方をするため、固定観念などは持たずに、柔軟な思考で会話に挑むことが必要だ。「こうなる」と、計画していたことは上手くいかないと認識しておくべきだ。

また、誰でも完璧にコミュニケーションがとれるわけではない。そのため、辛抱強く相手の言葉を待って、その考えや説明などをしっかりと聞くことが大切である。相手が話し終える前に、言いたいことを決めつけて、返答することは避けるべきだ。

話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/会話,雑談力/話し方教室ニュース・スタッフ委員会