話し方教室東京 コラム-ポジティブ・コミュニケーションで人間関係を改善する!

ポジティブ・コミュニケーターになろう

人間関係を改善するための最も強力な方法の1つは、よりポジティブなコミュニケーターになることである。ポジティブなコミュニケーターになることで、周りの人にも良い影響を与えることができる。

ではどのようにしたら、よりポジティブなコミュニケーターになれるのか、ベティー・ロッホナー氏がその幾つかのポイントを、コーナーストンコーチング&トレーニングの記事で紹介している。

責任を持って発言する、相手の結論の推測をやめ話の本質をつかむ

相手の話に反応するときはすぐに口を開くのではなく、しっかりと考えてから責任を持って言葉を発すると良い。そして声のトーンやボディーランゲージが、言葉以上に物事を伝えていることを認識して話すべきだ。

また、相手の話の途中で結論を推測するのではなく、話の中にある本質を掴むことが肝心だ。そのためにオープンな気持ちでコミュニケーションに臨むと良いだろう。

他人のうわさ話を避ける、相手の良い点を見つけてコメントを

うわさ話というのは誰の役にも立たない。そのため他人のうわさや欠点について話し合うことは避けるべきだ。仮にうわさ話をふられたとしても、ポジティブなコメントを言うようにしておく。

また、相手を褒めたり、優しい言葉をかけたりする機会を逃さないようにすることも大切。相手の良い点などを探して、それについてコメントをすることがポジティブなコミュニケーターになる1つのポイントだといえる。

■ 記事関連・話し方講座/仕事で必須の2大コミュニケーション能力開発・話し方教室

■ 話し方コラム提供/話し方教室,あがり症克服,コミュニケーションスキル教育の名門・日本コミュニケーション学院(東京)/話し方コラム・スタッフ委員会