スピーチの話し方教室(東京)-印象に残る最高のスピーチをするコツ!

自分が興味あるトピックを選択し、スピーチをシンプルに構成する

自然にうまくスピーチができる人は多くなく、その準備も決して楽しいものではない。では、如何にして印象に残る最高なスピーチをするのか、すぐに実践できて効果のある方法を、ルドヴィク・サンストーム氏がライフハックの記事で紹介している。

まずは、あなた自身が興味のあるトピックを選択することで、良い意味で「一生懸命」に準備をする必要がなく、強みを活かして楽しんでスピーチができる。

また、キーとなるポイントを箇条書きにして、話が長くならないようにシンプルな内容にすることが大切だ。専門用語などを並べたり、多くの情報を伝えたりするのではなく、幾つかに焦点を絞ることで、オーディエンスも理解がしやすくなるだろう。

意図的に「間」を作ったり、聴衆を巻き込んでスピーチする

オーディエンスはあなたの話したことを、即座に理解できるわけではない。そのため意図的に、「間」を作ることも重要。「間」があることで考える時間ができるほか、よい緊張感も生まれ、それがまた興味深さにつながる場合もある。

また、オーディエンスを巻き込んでスピーチを行うのも、より興味を引きつける一つの手だ。あなたの話に同意するかどうかの投票や挙手をしてもらったり、個々にこちらから質問を投げかけたりと、色々と工夫をしてみるのも良いだろう。

■ 記事関連・話し方講座/ワンランク上の話し方教室

■ 話し方コラム提供/©スピーチ,プレゼンテーションの名門・日本コミュニケーション学院(東京)/話し方コラム・スタッフ委員会