話し方教室東京 コラム-従業員の価値観を尊重しオープンなコミュニケーションができる職場づくりを!

経営者は自由なコミュニケーションができる職場づくりを

ノックスニュースでは、経営者は従業員が安全だと感じる職場づくりのために、会社で起こっている人間関係や会話に無関心ではいけないというアドバイスを掲載している。

交通管理ソリューションを提供するLLC社のマーケティングマネージャー・セルフ氏は、意見を主張できて、相手を不快にさせない職場づくりは経営者の役割であり、実現の一助として新しい世代の特徴と行動を理解することをアドバイスしている。

現在、労働市場の中心的存在はミレニアル世代。米国でもリーダーの20%はこの世代だ。そしてベビーブーマーが退職し、ジェネレーションZの参入へ移行している。

オープンな態度・親しみを込めた声で会話し、相手の価値観を尊重する

ジェネレーションZは職場文化とリーダーシップに多様性を求めており、また対人スキル、キャリアアップ、理論的行動を重視している。

そこで彼らとの会話で注意する3つのポイントをアドバイスしている。

まずは気持ちを変えようとしないこと。新しい世代は、持っている価値観や信念、経験に基づいた強い視点を持っている。それらを理解し活かすために会話を利用することだ。

また、事実について論争をしないこと。事実は一つでも、それぞれが事実を違った形で解釈している。共通の意見を見つけることの方が建設的だ。

そして、開放的であること。これは声のトーン、相手への注意、尊重など会話の中で示すことで、相手も心を開いてくれる。

■ 記事関連・話し方講座/管理職専門・話し方教室

■ 話し方コラム提供/©話し方教室,リーダーシップコミュニケーションの名門・日本コミュニケーション学院(東京)/話し方コラム・スタッフ委員会