日本コミュニケーション学院
サイト内検索

話し方教室 あがり症 東京

 

チームワークの話し方教室|チーム運営は、「忖度」よりも「コミュニケーション」を重視すること!



忖度は、チームワークの妨げになることも

2017年の流行語大賞は、「インスタ映え」とともに「忖度(そんたく)」が選ばれました。

忖度は「相手の気持ちを推しはかる」という意味ですが、チーム内で過度に忖度をしていると、チームの運営を妨げることにもなりかねません。

チームワークにおいては、忖度ではなく、コミュニケーションが大切です。

 
チームワーク/イメージ画像:写真AC


「忖度」に頼らないチーム運営を

「忖度」は、今では多くの人々が知っている単語になりましたが、「忖度」は、日本人が無意識のうちに取りいれている行動とも言えるでしょう。

例えば、チーム内においては、上司の機嫌を損ねることのないよう、上司に対して部下が忖度したり、逆に、部下が仕事を進めやすいようにと、上司が部下に対して忖度したりすることがあります。

社員同士で同じ考え方や価値観を持っていれば、忖度しながらでも業務を進めることは可能です。

しかし、人間の価値観は一人一人異なりますし、ましてやダイバーシティーの時代でもあります。相手のためを思った忖度も、相手の意向に沿わなければ、無意味なものとなってしまうことでしょう。

密なコミュニケーションで、業務効率をアップさせる

そのため、チームワークを円滑にするためには、忖度よりも「密なコミュニケーション」がカギになります。

コミュニケーションを密にするメリットは、チーム内のメンバーが、同じ方向を向いて業務を進められること、そして、メンバー同士の考え方が食い違わなくなることです。

コミュニケーションを密にすれば、業務の効率アップが期待されます。これからのチームは、「忖度」にとらわれることなく、コミュニケーションを密にすることを心がけることが大切なのです。

話し方教室の名門校・日本コミュニケーション学院東京の話し方教室では、色んなコミュニケーションスキルの指導を行っています。せいぜいご活用いただくのがよいでしょう。

 コピーライト話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/話し方教室入門・教養講座 スタッフ委員会/チームワーク/学院総長監修


  • 2017年12月25日

コース・講座のご案内 以下は、コース講座案内

携帯電話のバーコードリーダー等で読み込んでください。