日本コミュニケーション学院
サイト内検索

話し方教室 東京 あがり症

 

話し方教室「話材/我が人生の師は、いずこに?」


なかなか見つからない「人生の師」

皆さんは、「人生の師」を求めたことがありますか?

私は20代で創業したこともあり、当初、師を求めて幾つかの経営者団体や、経営コンサルタント団体に入会したことがあります。

そこで色んな方たちと交わるのですが、どうもピンと来る方がいない。こう言ってはなんですが、どなたも帯に短し、襷(たすき)に長しで、自分が探し求めている人達ではないのです。

そこで、人生の師を求めることは、30代前半で早々に諦めることにしました。

それからというもの、もっぱら私の師匠は「本」ということになりました。とにかくよく読んだ。

50歳は、不惑の年?

若かりし頃は、50歳にもなれば「不惑」を過ぎているのだから、道に迷うことはないだろうと思っていたのですが、さにあらず。50を過ぎた今でも、私はよく迷っています。

この分だと、たぶん、死ぬまで不惑の境地にはたどり着けないな、と今は観念しているところです。

松下幸之助氏のCDが、我が師に

長く、「師匠は本」だけだった私ですが、最近いいものに出会いました。それは、「人生の達人」の肉声が聴けるCDです。

これはいい!だから、ここ最近の私の師匠といえばCD、松下幸之助氏のCDです。

CDを聴いていると、松下翁が、私一人に、直接話しかけてくれている気がするのです。それがいい!叱られている気がします。励まされている気がします。

かつてのエクセレントカンパニーだった、パナソニック(旧・松下電器産業)をはじめ、ソニー、シャープといった家電メーカーが、今は全くダメな会社に成り下がりました。

これらの会社への処方箋は、松下翁のCDの中にある、私はそう思っています。

上記の会社の社長たち、たぶん、CDを聴いてないだろうなぁ。


話材えらびも話し方教室の名門・日本コミュケーション学院東京/話材


  • 2012年6月05日

コース・講座のご案内 以下は、コース講座案内

携帯電話のバーコードリーダー等で読み込んでください。