日本コミュニケーション学院
サイト内検索

話し方教室 あがり症 東京

 

話し方教室入門:学院総長の今日の一言&今日のコラム

いつも本学のサイトにご来校いただき、まことにありがとうございます。
このブログレターは、その時々の「一言、またはコラム」などになります。
気軽に書きますので、お気軽にご覧ください。

なお、最新版のみをアップしますので、「バックナンバー」は、「トップページ」の
「新着情報」からお読み下さいませ。



学院グループ総長
酒井美智雄
 a

Blogletter



丁寧なプレゼンは、参加者に伝わりやすい

プレゼン経験の浅い方やあがり症の方は、「うまくプレゼンを行いたい」と、つい力みがちです。しかし、そもそも初心者が上手くプレゼンできるはずもありません。

ですから初心者は、「うまくプレゼンを行う」ことよりも、「丁寧にプレゼンを行う」ということを心がけてみてください。丁寧にプレゼンすれば、プレゼンの参加者は「丁寧で、良いプレゼンだった」と感じやすいものだからです。

 
プレゼン・プレゼンテーション/イメージ画像:写真AC


丁寧な話し方でプレゼンテーションを

プレゼンの経験が少ない方は、プレゼンに自信を持てないのは当然でしょう。あくまでも丁寧なプレゼンを心がけることが肝心です。

特に、「話し方を丁寧」にすると、プレゼンの参加者にとって好印象になります。

丁寧な話し方を身につけるためには、社会人の敬語やマナーに関する本を買って学ぶ方法や、本学院のような話し方教室を利用して話し方を学ぶ方法などがあります。

丁寧な話し言葉を身につければ、プレゼンはもちろん、普段の仕事においても丁寧なコミュニケーションが取れるようにもなります。

相手の立場に立ち、丁寧に、分かりやすくプレゼンする

さてプレゼン本番のポイントは、あくまでも「丁寧に、分かりやすくプレゼンすること」を心がけることです。そして、そのコツは、相手の立場に思いをはせてプレゼンを進めることにあります。

それができれば、参加者はきっと、「良いプレゼンだった」と感じてくれることでしょう。初心者は、丁寧さを前面に出してプレゼンをする!これを忘れないでいただきたいものです。


 コピーライト話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/話し方教室入門・教養講座 スタッフ委員会/プレゼン・プレゼンテーション/学院総長監修


  • at 2018/01/23

▲ ページの先頭に戻る

コース・講座のご案内 以下は、コース講座案内

携帯電話のバーコードリーダー等で読み込んでください。