日本コミュニケーション学院の基本理念

沿 革

1988年設立
日本コミュニケーション学院グループは、基本理念として、
●コミュニケーション問題を解決し、顧客に[自信]と[活力]を提供する!
そして、個人、組織、地域社会を 元気にする。

そのために、現・学院総長 酒井美智雄により日本ビジネス・コミュニケーション協会の附属スクールとして設立されました。

2000年
組織改編を行い、名称が現在の「日本コミュニケーション学院」になりました。

2018年
本学は創立30周年を迎え、この間、企業参加はのべ1500社を超え、指導総員も9万人を超えています。

基本理念を達成すべく、日々現状に甘んじることなく研鑽を積み、発展を続けております。