話し方教室「効果的な言葉づかいをしませんか(その2)」

無言で、力ずくで、電車を降りる人達

東京の通勤電車は大変混んでいます。開くドアの反対側にでも立っていたなら、降りるのに一苦労します。

降りる人達を観察していますと、ほとんどの人が無言で、力ずくで人込みを掻き分け、やっとのことで降りています。

そんなに苦労しなくても、簡単に降りる方法があるのにもかかわらず。

満員電車をスムーズに降りる方法

その簡単に電車を降りる方法とは、声かけです。但し、ただ大声で、がなればいいというものではありません。

周りにいる人達が、積極的に、この人のために通り道を作ってやろうという気持ちにならないと、無駄な努力で終わるからです。

「降りまーす!!」と元気よく言えば、少し効き目があります。でも積極的な協力は得られません。周りに対する配慮は特段感じられないからです。

私がお勧めしたいのは「失礼します。降ります!」と低い通る声で淡々と言うことです。

効果的言葉づかいは、言われる側の気持ちで

「失礼します。降ります」と言えば、周りにいる人たちが進んで道を空けてくれます。きっと「失礼します」という言葉に、周りの人達への気配りを感じられるからでしょう。

ドアに向かって歩きながら「失礼します、降ります!」、これを2回も言えば、無事に電車を降りることができます。

やはり効果的な言葉づかいは、言われる側に立って考えてみる、これが鉄則のようですね。

©話し方教室・あがり症克服・コミュニケーション教育の名門日本コミュニケーション学院東京/言葉づかい