日本コミュニケーション学院
サイト内検索

話し方教室 東京 あがり症

 

話し方教室「それって、人間関係の問題ですか?」


人間関係の問題と錯覚している人達


世の中には、人間関係で悩んでいる方がたくさんいます。

その中には、人間関係の問題ではないのにもかかわらず、「人間関係の問題」だと錯覚して、色んな「人間関係改善セミナー」を渡り歩いている人達も少なくないのです。

つい最近では、こんな方にお会いする機会がありました。

その方は、ある朝寝坊をしてしまい、「寝坊しました。遅れます。すみません」と上司に連絡をして出社したところ、会社に着くやいなや上司にこっぴどく罵倒されたそうなのです。

以来、上司との人間関係がうまくいかなくなったということです。彼女は上司との人間関係を修復するために、人間関係に関する色んなセミナーにでているのでした。

人間関係よりも、ビジネス常識に問題あり

私は彼女に「心から謝りましたか?」と尋ねたところ、「はい」と答えます。念のため「寝坊した時、どんな風に上司に連絡して謝ったの?」と聞きますと、「メールで」といいます。

私は空いた口が塞がりませんでした。これでは、罵倒されても無理はありません。ビジネス常識に問題あり!だったのです。

たぶん上司は寝坊したそのことだけで、彼女を罵倒したのではないと思います。寝坊して、その連絡や詫びを、こっそりと、メールですませたこに対して、上司は彼女を叱ったに違いないのです。

寝坊して、出社が遅れたことは就業規則違反ですから、もとより怒鳴られても仕方がないことです。これは第一次問題。

彼女の場合は、起きた時点で、直ぐさま「電話」を入れて、連絡しなければいけないのに、それをしなかった。これは第二次問題。そして、こっちの方がうんと問題なのです。

彼女が罵倒されたのは、第二次問題を引き起こしたため、そう言ってよいでしょう。

真の問題に手を打たない限り、問題解決はできない

ですから、彼女の場合、人間関係のスキル以前に「ビジネス常識、ビジネスエチケット&マナー」を身につけるのが最優先課題なのです。

人間関係改善セミナーで人間関係スキルを磨いている場合ではありません。でないとまた、同様の問題を引き起こすことになるでしょうから。

人間関係がうまくいかない場合、それをすぐ人間関係の問題と短絡的に認識してしまうケースが少なくありません。

しかし、真の問題に手を打たない限り、問題は解決しません。これは何事に関しても言えることですね。


人間関係改善なら話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京

(※同様の事例を過去のニュース・レター「女性と人間関係」でご紹介したことがあります。興味がある方は、ご参照下さい。)


  • 2011年2月26日

コース・講座のご案内 以下は、コース講座案内

携帯電話のバーコードリーダー等で読み込んでください。