※プライバシー保全のため、お名前に限り仮名を用いています。

21. 私の吃りは、何をやっても治らないお手上げ状態で、完全にあきらめていたのですが、もう一度だけ、最後にチャレンジしてみようと思いたち、入学しました。

先生によるレベル診断は「重度」。はじめの1~2ヵ月は、やっぱり今度もだめかと不安でしたが、3~4ヵ月を過ぎた頃から発語がだんだん楽になっていくのが自覚できるようになりました。そして5ヵ月を経過したとき、以前とははっきり違っている自分に気づきました。

もう、これなら大丈夫!と、自信がつき、人生が楽しくなって来ました。ありがとうございました。
吉田 浩二(会社員)33才


22. 私は東北出身で、吃りを治したいために上京してきました。東京で仕事をしながら、話し方教室、催眠療法、自律訓練、カウンセリング、どもり専門矯正所、心療内科など、色々ためしてダメだった後、もうこれで最後と決め、こちらへ来ました。

先生のレベル診断は「極度」。重い吃りの上に、他の教室で身につけた悪い癖(音を伸ばす、エーと言ってから話す、手でリズムをとって声を出すなど)があったため、矯正は大変でしたが6ヵ月くらいで、その悪い癖も直り、会話が楽にできるようになりました。

これでやっと、大好きな田舎へ帰れます。本当にありがとうございました。
笹木 順(会社員)26才


23. ひどい赤面症で死ぬほど悩んでいました。人に会うのが嫌で、家にずっと閉じこもっていたほどです。体調が悪く、心療内科でもらった精神安定剤を飲んでいました。

レベル診断は「極度」。体力のない私には、訓練ははじめは楽とはいえませんでしたが、先生の励ましに支えられ2~3ヵ月頑張っていましたら楽になりました。
半年ぐらいたってからでしょうか、極度の赤面もほとんど治りました。それと同時に体調もよくなり、友達に会えるようにもなりました。

今では、仕事がしたくなり、簡単な仕事をさがしているところです。人生に光りが見えてきました。心から感謝いたします。
宮本 紀子(主婦)44才


24. 中学の頃に、国語の本読みで「声が震えて」以来、年を追うごとにひどくなって来ていました。私には、お花(フラワー・アレンジメント)の先生(講師)になる目標がありましたので、声の震えをどうしても治さなければなりませんでした。

そのために、グループ授業の話し方教室、心理ドック(催眠)、心療内科、個人指導の話し方教室などを転々とすることになり、延べ10年も費やしましたが、殆ど改善されず、あきらめかけておりました。でも、やっぱりあきらめられず、今回が最後と決め、学院の門を叩いたのです。

半年の「科学的指導法」を受け、当初自分が思い描いていた「改善後のイメージ」など、取るに足りないほどの改善レベルに到達しました。声に、ひいては、人生に確固たる自信がつき、夢の実現もすぐだと思うと、嬉しくって仕方がありません。深謝いたします。
大塚 広美(フラワーショップ勤務)38才


25. 私の職業は僧侶です。小学校の頃から、当てられて本を読まされると、「声が震えて」しまい、その状態が今まで続いておりました。仕事柄お説教をしたり、お経を唱えたりするわけですが、どうしても声が震え、涙声(泣いている時のような声)になってしまいホトホト困っておりました。

他の話し方教室、催眠教室、メンタル・トレーニングなど色々試しましたが何も変わらず、その度に仕事を変えようと思うのですが、踏み切れずに今まで来てしまいました。先生から「必ず治してあげるから」と、言っていただき、最後の最後に、学院に掛けることにしました。

実は、自分の勝手な都合で、「お彼岸に間に合うようにしてください」とお願いしましたら、「大丈夫ですよ」とのご返事で、どれほど勇気づけられたことか。約束通り、お彼岸に間に合わせていただき、言葉では言い表せないくらい感謝しています。
中原 義男(僧侶)35才


26. 重度のあがり・緊張が解消しました。
男性(会社員)30才


27. 会社の人間関係の悩みがなくなりました。
女性(OL)28才


28. 学校の朗読の時の声の震えがなくなりました。
女性(学生)19才


29. いつも他人に見られていると思う「視線恐怖」を克服できました。
男性(会社員)22才


30. 忘年会の幹事を依頼され困っていましたが、大役をつつがなくはたすことができました。
男性(公務員)32才