話し方教室「ロジックツリーで、ロジカル・コミュニケーション!」

ロジックツリーとは

ロジカル・シンキングのツールとして良く使われるものに、ロジックツリーがあります。

ロジカルに分析や検討を行うには、原因と結果、目的と手段、全体と部分を押さえていくことが大事になりますが、その展開を視覚化していく手法がロジックツリーです。

ロジックツリーを使うメリット

ロジックツリーの良い点は、

・思考の過程・範囲・深さを視覚化できる。
・共同作業で作成することができ、会議に使える。
・自分の考えの偏りや癖が分かる。

・問題の本質を発見できる。
・問題の全体像が明確になる。
・議論のずれを修正できる。
などです。

ロジックツリーで、ロジカルコミュニケーション

ロジックツリーでは、モレなく、ダブりなく物事を考えます。ですので、その習慣が身に付けば、仕事のミスがなくなり、業績が上がります。

また、ロジカルな話し方が身に付き、報告やプレゼン、交渉の場面でのコミュニケーション力や説得力が向上します。

さらに、全体を俯瞰して深く考えるようになりますので、社内外に「代案」を提案することがうまくなります。

ロジックツリーの種類

WHYツリー、HOWツリー、WHATツリーというものがあります。問題解決には、WHYツリーとHOWツリーを使うのが一般的です。

WHYツリーは、「なぜ」と考えながら原因を追及していきます。「なぜ」を何回も繰り返すことで、真の原因を突き止めることができます。

HOWツリーは、「どうやって」と考えながら、解決策を探っていきます。「どうやって」を何回も繰り返すことで、よりよい解決策を多く導き出すことができます。

ロジックツリーの注意点

ツリーの上部は上位概念、ツリーの下部に進むにしたがって下位の概念で整理していきます。

無駄なようでも、思いつく限りの要素を網羅しておくことです。要素のいらない部分は検討して切り捨てます。初めから考えないのと、検討してから切り捨てるのでは、大きな違いがあります。

ツリーが下部に向かって進むときに、WHYツリーは結果と原因、HOWツリーは目的と手段の関係が、必ず成立しているようにします。

思い込みや経験則、独断ではなく、客観的に進めていくことが大事です。5ステップぐらいまで分析すると、深いロジックツリーが出来上がります。

論理的な思考のプロセスを「見える化」するロジックツリー。ぜひ皆さん、チャレンジしてみてください!

©話し方教室の名門日本コミュニケーション学院東京 入門・プレ講座 スタッフ委員会/ロジカルコミュニケーション/学院総長監修