話し方教室東京 コラム-堂々と話しているように見えるプレゼンテーションのコツ!

プレゼンでは、ゆっくり、はっきりと話し、聴衆が理解しやすくする

特定の人を除き、プレゼンテーションはほとんどの人が時々行うことだろう。プレゼンテーションのプロフェッショナルのように見えるようにするにはどのようにしたら良いのか、話し方やコツをアンドリュー氏がセレブラルオーバーロードの記事で紹介している。

プレゼンテーションでゆっくり、はっきりと話すことは、オーディエンスの興味を維持するために重要だ。緊張しているときは話すスピードが上がってしまうが、オーディエンスが話の内容を理解できなくなるため、適切に発音してゆっくり話すように、常に心がけておくことが大切だろう。

良い姿勢で話し聞き手を話に集中させる、アイコンタクトを意識する

話すことに集中しすぎると悪い姿勢になってしまっている場合もある。プロのような見た目を保つためには、肩を落とさず、背筋を伸ばしているか常に意識しておくと良い。そうすることで、オーディエンスも視覚的にストレスなく話に集中できるようになる。

また、アイコンタクトをすることでオーディエンスとのつながりを深めることが可能だ。どこかに目線を移す前に、オーディエンスの鼻筋あたりをみたり、目を少しだけ見たりすると良いだろう。

■ 記事関連・話し方講座/実戦20分プレゼンテーション能力開発・話し方教室

■ 話し方コラム提供/©話し方教室,スピーチプレゼンの名門・日本コミュニケーション学院(東京)/話し方コラム・スタッフ委員会