話し方教室「プレゼンテーションで注目を集めるポイント!トーンの高い声で話す」

プレゼンテーションの時、聴衆を引き付けるには?

プレゼンをしていて気になることは、プレゼンの参加者たちが興味なさそうな表情をしていることです。中には居眠りしてしまう人たちもいることでしょう。

話し手は、「きちんとプレゼンを聞いて欲しい」と感じる反面、「私のプレゼンはつまらないのだろうか」と落胆することもあったりします。

もし、プレゼンの参加者たちに注目してもらいたいなら、「少しトーンの高めの声」でプレゼンすると効果がありますのでお試しください。

トーンが高めの声でのプレゼンには、聞き手の気持ちを高める効果あり

プレゼンで注目されたいなら、少しトーンの高い声を出すことが効果的です。トーンの高い声は、聞いている側にはハリがあるように感じられ、思わず元気が出るように感じられるのです。

トーンの高い声でプレゼンしている例としては、「テレビショッピング」がありますね。

テレビショッピングで、声のトーンが高く、しかもテンポの良い話し方を聞いていると、テレビで商品を見ているだけなのに、思わず「買いたい!」と感じてしまうことがありませんか。

「買いたい!」と感じるということは、それだけ気持ちを高揚させられた、ということです。

注目を集めるには、トーンの高い声で、アップテンポな調子で話すことは効果的方法の一つです。

プレゼンターには、心の底から伝えたい!という思いが大事

トーンの高い声を出す前に、心の底から「相手に伝えたい!」という思いがわき出していることがポイントです。思いがわき出ていれば、自然と話し方に熱もこもり、少しアップテンポな感じにもなります。

例えば、普通のコミュニケーションをとっているときにも、思わず力説してしまうことがありますせんか。それは、自分自身の中から思いがわき出てきているためです。

これと同様に、プレゼンするなら、プレゼンの内容について十分理解し、「良いものを伝えるんだ!」という心意気を持つことは大切です。

心意気があるからこそ話しにも熱がこもり、トーンの高い声も自然と発せられるようにもなるからです。

さて、プレゼンをさらに上達させたいなら、本学の話し方教室講座で専門的にプレゼンを学んでいただくのがよいでしょう。それが一番の近道ですから。

©話し方教室の名門日本コミュニケーション学院東京 入門・教養講座 スタッフ委員会/プレゼン・プレゼンテーション/学院総長監修