日本コミュニケーション学院
サイト内検索

話し方教室 東京 あがり症

 

営業力の話し方教室|営業の契約アップの秘訣!自分にあった営業スタイルで、信頼獲得を


なかなか契約が取れない営業マン

営業マンの仕事は契約を取ること。しかし、その契約がなかなか取れないと悩む営業マンは多いものです。営業マンなら、もちろん営業トークは大切ですが、顧客の心に響く話し方をしなければ、効果は期待できないと言えるでしょう。

そして信頼されるためには、自分に合った営業スタイルで、自分らしい言葉で伝える必要があるのです。

 
営業力/イメージ画像:写真AC

自分自身の思いを、ストレートに顧客に伝えてみる

トークが得意な営業マンがいます。しかし、表面的なトークで中身が薄ければ、顧客の心には響かないものです。そこで、自分自身の本当の思いを言葉にしてみることも試してみましょう。

普段から思っていることを口にするタイプなら、やんわりとした表現を心がけるよりも、いっそのこと思っていることをストレートに伝えてみるのです。

例えば「この商品の購入をためらう理由は、価格ですか?」とはっきりと伝えてみるのです。すると相手も本心で、「高すぎて、とても買えません」と、言ってくるかもしれません。

もちろん、契約には結びつかないこともあるでしょう。しかし、次に改めて訪問した時、相手の方から「○○で困っているんだけど、もう少し安い商品は他にないの?」と、聞いてくることも十分あるのです。

聞き役に徹し、そこから商品提案をしてみる

営業トークが苦手な営業マンも少なくありません。そんな方は、無理に営業トークをせずに、聞き役に徹してコミュニケーションを取ってみましょう。

例えば「何かお困りのことはありませんか」、「○○についてお困りでしたら、このような商品がありますが、いかがでしょう?」というように提案していくのです。

営業マンはトーク上手でなければ契約できない、という考え方が一般的ですが、顧客の信頼をつかむことができるなら、トークはさほど上手でなくても契約数をアップさせることは十分可能なのです。

まとめ/話し方教室の要点:契約が取れる営業マンの話法のポイント

①営業マンにとって営業トークは大切。しかし、顧客の心に響く話し方をしなければ、効果は期待できない。信頼されるためには、「自分に合った営業スタイル」で、自分らしい言葉で伝える必要がある。

②営業トークが苦手な営業マンも少なくない。そんな人は無理に営業トークをせずに、聞き役に徹してみる。顧客の信頼をつかめるなら、トークはさほど上手くなくても契約数をアップさせることは十分可能。

営業マンは「契約を取ることが仕事」。その契約をもっと取るために、自分の営業スタイルを見直したい方は、話し方教室の伝統校(東京)日本コミュニケーション学院の専門講座で学ばれるのがよいでしょう。


コピーライト話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/入門・教養講座 スタッフ委員会/営業・営業力/学院総長監修


  • 2018年6月17日

コース・講座のご案内 以下は、コース講座案内

携帯電話のバーコードリーダー等で読み込んでください。