話し方教室|コーチによるクライアントへのこまめな『声かけ』でコーチングの成果アップ!

コーチングでは、コーチは常にクライアントを観察していること

コーチングの成果を高めるためには、コーチとクライアントの方向性が一致している必要があります。

コーチングにおいては綿密なコミュニケーションが欠かせませんが、時に、クライアントが言葉で自分の気持ちを表現しないこともあります。そこでコーチは、コーチング中にクライアントの変化を察知したら、即、一言、声をかけるようにしたいものです。

コーチは、クライアントの表情の変化を察知すること

コーチとクライアントは、常にコミュニケーションをとることで、目的の達成を目指します。しかし、クライアントが困っていても自分の思いをコーチに伝えないことがあります。

しかし、心の中にモヤモヤとした気持ちを持っていれば、言葉には表さなくても不安そうな表情を浮かべるなど、表情や行動に変化が生じるものです。コーチとしては、そのような変化を見逃さないようにしたいものです。クライアントの不安な気持ちを受け止め、問題点を改善していくことによって、彼らはさらに能力を発揮することができるのです。

コーチはクライアントに、しばしば「声かけ」すること

もし、コーチがクライアントの変化に気づいたなら、何気なく一言かけてみましょう。例えば、「今日はどうしました?元気がないようですけど」という一言でもかまいません。人間は誰しも、困っている時には声をかけてもらいたいものなのです。

コーチからこまめに声をかけてもらうことで「なかなか目標に届かなくて困っているんですよ」と、自分の気持ちを吐露しやすくもなります。

コーチはクライアントに普段から、ちょっとした一言をかけるよう心がけることが大事です。もちろん、「今日は、とても良くできましたね!」というようなプラスの声掛も必要です。一声かけの積み重ねで、信頼感は深まっていくものです。

話し方教室の要点「コーチングの成果を高めるコーチのあり方とは?」

1.コーチは常に、クライアントを観察している必要がある。

2.クライアントが心の中にモヤモヤとした気持ちを持っていれば、言葉には表さなくても、表情や行動には表れるもの。

3.そんな時、コーチはクライアントに一言かけてみる。「今日はどうしました?元気がないようですけど」。そんな一言でかまわない。

コーチング成功のカギは、コーチとクライアントとの信頼関係構築にあります。そして信頼関係を築くには、感情的親密さが肝になるのです。

コーチに必要なものは、コーチングの専門技法ばかりではなく、それ以前の、人との接し方、話し方が思いやりがあり、常識的であることがとても重要なのです。

人との話し方、接し方、人間関係について深く学びたい方は、話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京の専門講座で学ばれるのがよいでしょう。

©話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/コーチ,コーチング/話し方教室入門講座・スタッフ委員会/学院総長監修