話し方教室「パワーワードを活用して、パワフルなプレゼンに挑戦!」

パワフルなプレゼンテーションにチャレンジ

「もう少し、インパクトあるプレゼンができないものかなぁ」とお考えではないでしょうか。

そんな方にお勧めするのは、「パワーワード」を活用したプレゼンです。パワーワードとは、まさしく「パワーが感じられる言葉」です。パワーワードを活用し、パワフルなプレゼンに挑戦してみましょう。

「パワーワード」って、どんな言葉だろう?

パワーワードとは、それを使うことによってパワーが感じられる言葉のことです。

例えば、真夏の暑さを表現する場合、「とても暑い」と言うよりも、「猛烈な暑さ」と言うと、より的確に暑さを表現できます。この場合、「猛烈」がパワーワードになります。

パワーワードには、漢字がよく用いられます。普段から多くの文章を読み、多くの人と話すことによって、身につきやすくなります。また、自分自身の内側から、強い感情がわき上がると、ひらめきやすくなるものです。

「パワーワード」を使った、プレゼンにチャレンジ!

それでは、実際にパワーワードを用いてプレゼンしてみましょう。例えば「我が社では、新型機能の付いた小型端末を導入します。これにより、作業効率は大幅に向上します」とプレゼンをするとしましょう。

この内容を、パワーワードを使って表現すると「我が社では、新型機能を『搭載』した小型端末を導入します。これにより、作業効率は『劇的』に向上します」となります。

パワーワードは、歯切れが良く、心に響き、インパクトも高まります。普段のコミュニケーションでも威力を発揮する手法です。

話し方教室の要点「インパクトあるプレゼンテーションをするコツ」

1.パワーワード(それを使うことによってパワーが感じられる言葉)を活用する。パワーワードには、漢字がよく用いられる。

2.パワーワードを利用することで、歯切れが良く、心に響き、インパクトが高まるメリットがある。しかし、一度のプレゼンに多用しない方がよい。

さて、聞き手を引きつけるプレゼンテーションを行いたい方は、プレゼンの名門・日本コミュニケーション学院東京の話し方教室専門講座でプレゼン手法を習得されるのがよいでしょう。

©話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/プレゼン,プレゼンテーション/話し方教室入門講座・スタッフ委員会/学院総長監修