話し方教室「言いたいけれど言えない、でも、思い切って話してみよう!」

言いたいことがあるけど、なかなか言えない!どうする?

ビジネスシーンや仲間たちとの会話などで、「言いたいことがあるのだけれど、なかなか言えずに困っている」とお困りではありませんか。あがり症の方ほど、特にそのように感じてしまうのではないでしょうか。

言いたいことがあるけれど、なかなか言えない時、「今、言わなければ後悔するかもしれない」と感じたら、これは「思い切って」話し始めるしかないのです。

いかにして、話を切り出すか

日常のシーンで友人と会話・雑談をしたり、ビジネスの場でコミュニケーションをとっている時、「言いたいことがあるけど、言うか、言わないか、どうしよう」とためらってしまうことは少なくないはずです。

言いたいことをなかなか言えない人は、つい相手の反応をうかがってしまいすぎ、そのあげく大事な用件すら伝えられないことがあります。

言いたいことが言いづらい時は、どのようにして話を切り出せば良いのでしょうか。

「思い切って」話し始めることにつきる

相手に、必ず伝えなければならないと感じた時、これは、「思い切って伝える」しかありません。

「こんなことを話したら、相手にどう思われるだろうか」と悩んでしまうかもしれませんね。しかし、あなたが気にしているほど、相手はあなたの発言は気にしないことが多いものです。

もし、仕事のことなど、大事なことを伝えなければ、相手から「そんな大事なことを、なぜもっと早く言わなかったんだ!」と叱られることにもなりかねません。

長い人生において、言うべき事を言わなければならない時は、必ずやってきます。ここは、「案ずるより産むが易し」の考え方を持って、思い切って話しましょう。ただその際、言葉遣いには気をつけてください。

さて、話を切り出す「気後れ感」がぬぐえない方や、話し方に自信が持てない方は、ぜひ話し方教室の名門日本コミュニケーション学院の話し方教室で話し方に自信をつけて下さい。それが一番でしょう。

©話し方教室の名門日本コミュニケーション学院東京/話し方教室入門・教養講座 スタッフ委員会/伝え方・話し方/学院総長監修