話し方教室「プレゼンテーションの説得力を強化するポイント!」

私は仕事柄、雑誌や新聞の記者・編集者の方から、よくインタビューを受けます。最近多いのが「説得力」についてのインタビューです。

そこで今回は、サカイ流「説得力を強化する・5つのポイント」をご紹介することにしましょう。

1.論点を絞って話すこと

アレモ、コレモ話さない。聞き手に合わせ、ポイントを絞って話すことが大事です。概して話し手は、伝えるべきことがたくさんあると思っているようです。しかし、聞き手は沢山の事を聞くことを決して望んではいません。

2.優先順位を明確にして話すこと

大事なことから話す癖をつけることは大切です。そうすれば、もし時間が足りなくなったとしても、大事なことは先に話しているので安心ですよね。

3.データ、数字を使って話すこと

ビジネスでは、話に数字を添えることです。そうすることで抽象論ではない話ができるようになります。数字を使えないビジネスパーソンは、失格と知ることです。

4.事実か意見かをはっきりさせて話すこと

よくありがちなことですが、話が事実なのか、その人の主観なのかよくわからない、ということがあります。

これは誤解の元ですから、気をつけましょう。どこまでが事実で、どこからが自分の意見や推測なのかを、はっきりさせることは論理的コミュニケーションの基本です。

5.発音明瞭・態度キビキビと話すこと

大きめの声、キリリとした姿勢、キビキビした動作に、人は惹かれるものです。はっきりと発音をし、背筋を伸ばし、スピーディーに行動すること、これは非言語のコミュニケーションとして、とても大切なことです。

以上、5つのポイントは自然に身につくものではありません。意識して取り組み、はじめて自分の物になるのです。皆さんも、すべて習得して、説得力を強化してください。

©話し方教室の名門日本コミュニケーション学院 入門・プレ講座 スタッフ委員会/プレゼンテーション/学院総長監