話し方教室「ボイストレーニングの前に、ストレッチで身体を動かし効果アップ!」

身体を適度に動かすと、発声しやすくなる

「声が小さい」、「声が通らずに困っている」と悩んではいませんか。そんな方は、「通る声を出せるようになりたい」と、きっとお考えのことでしょう。

通る声を出すためには、発声発音練習(ボイストレーニング)が効果的ですが、ボイストレーニングの前に身体を適度に動かすと、より効果が高まります。身体が適度にほぐれることで、良い声を出しやすくなるのです。

声を出す筋肉と、身体の筋肉はつながっている

通る声を出すポイントは、お腹から声を出すこと。そして、口周りの筋肉をスムーズに動かすことにあります。

ボイストレーニングを始める前に、適度に身体を動かすことで、発声発音にかかわる筋肉もほぐすことができるわけです。

実は、声を出す筋肉と、身体を動かす筋肉は密接につながっています。適度に動いた後は、より声を出しやすいのは理の当然なのです。

ボイストレーニングのための効果的ストレッチ

さて、通る声を出すために、ストレッチで適度に身体を動かしてみましょう。

1.まず、肩幅程度に足を開いて、リラックスしながら立ち、両手を組みながら、上へと伸ばしてみましょう。

手を上へと上げるときは、息を吸い続け、手が真上に来たら、手を真上に伸ばしたまま息を5秒ほど止めてみましょう。5秒たったら、手を下げながら、ゆっくりと息を吐きます。これを2~3回繰り返します。

2.次に、口周りの筋肉を動かしましょう。大げさに口を開け、そして唇も大げさに動かし、ゆっくりと、「あ~、い~、う~、え~、お~」と言ってみます。これも2~3回繰り返します。

3.引き続き、首を右や左に回す動きも入れましょう。首を動かすことで、のどの辺りの筋肉が適度に伸びます。これも数回やってみましょう。

ぜひ、実際にやってみてください。効果を実感されるはずです。もし、一人では難しいと思う方は、話し方教室の伝統校・日本コミュニケーション学院東京の話し方教室でトレーニングされるのがよいでしょう。

©話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/発声・発音/話し方教室入門・教養講座 スタッフ委員会/学院総長監修