日本コミュニケーション学院
サイト内検索

話し方教室 東京 あがり症

 

話し方教室「三現主義」

コミュニケーション・カフェ喫茶店
話し方教室・学院総長の 今日のコラム:「三現主義」


●私がこの言葉を知ってから30年ほど経とうとしています。
きっとビジネスの世界で、さらに30年以上も前から言われて来た言葉だと思います。

三つの「現」とは、現場、現物、現実です。
現場を現地と言ったり、現物を現品と言うこともあります。

●何かを考えたり、事が起こって解決するには、「現場」に直行し、「現物」を手にとり、「現実」を直視し正確に理解することが何より大事だということです。

机上の空論を戒め、地に足ついた思考、言動を求めたものだと私は理解してきました。

「現場百遍、意自ずから通ず」。迷ったら現場に行き、そこから考える!そうすると何かが見えてくる。

●あなたの昨日の思考、今日の言動は地に足ついたものになっていますか?


話し方教室・あがり症克服・話し方・コミュニケーション能力開発なら、日本コミュニケーション学院!


  • 2008年10月23日

コース・講座のご案内 以下は、コース講座案内

携帯電話のバーコードリーダー等で読み込んでください。