話し方教室「転職活動・職務経歴書の書き方のコツ」

転職活動時に不安なこととは?

「転職活動の対策で不安なことは何ですか?」と、受講者に伺いますと、この問いに対する答えのベスト3は、次の通りです。

1.志望理由のまとめ方
2.転職理由のまとめ方
3.職務経歴書の書き方

ちなみに、本学の転職試験・面接対策講座では、上記の三つにキッチリ手を打ち転職成功に導いています。

成功する・職務経歴書の書き方のポイント

さて今回は、転職活動の際の、「職務経歴書の書き方」のポイントを述べたみましょう。

1.見やすく書くこと

見た目にすっきりしていることが大切です。びっしり、真っ黒に見えるほど書き綴った書類を、あなたは読みたいですか?

情報量を減らしてでも、余白や行スペースをキチンと取るべきです。でないと、採用側は中味まで読んでくれませんから。

2.読みやすく書くこと

採用側は、一回目はさっと読むものです。二回目を読んで貰えるかどうかが、書類選考に残るかどうかの分かれ目になります。

誤字・脱字があるようでは、配慮の足りなさ、能力不足を露呈してしまったに等しいのです。

3.理解しやすく書くこと(中味のわかりやすさ)

内容は、応募する企業のニーズをつかんだ上で、そこに自分の強みをぶつけることです。

ダラダラと長文では、意味を理解しづらくなりますので、短いセンテンスで歯切れよい文章を書いて下さい。要所で数字を活用すれば具体性が増し、読み手がイメージをつかみやすくなります。

転職活動では、読んでもらって、理解してもらわなければ、書類選考をパスすることができません。

「読み手の負担を考えて書く」。これは基本中の基本です。

©話し方教室の名門日本コミュニケーション学院 入門・プレ講座 スタッフ委員会/転職活動/学院総長監修