話し方教室 教養講座-会社の幹部とうまくコミュニケーションをとる方法

会社の幹部とは簡潔に会話する

会社の幹部は1度に10もの異なるトピックスについて考えている場合もあり、常に問題解決と事業成長に焦点を当てている。問題の核心に至るまで、その過程における忍耐力に欠ける傾向にあることも事実だ。では、いかにして幹部とうまくコミュニケーションをとっていくのか、その方法をエリン氏がスライブ・グローバルの記事で紹介している。

上記にあるように、幹部は忙しくしているため、「はい」か「いいえ」で答えられる質問をしてきたときには、「はい」か「いいえ」で回答することが大切だ。当たり前だと思うだろうが、多くの人がダラダラと話すことがあるため、簡潔に会話をするように心がけておきたい。

会社の幹部は理解力に長けているもの

「XとY、そしてZについても話したい」というより、「Xについて話したい」と言ったほうが、幹部に話を聞いてもらえる傾向にある。それは、Xという概要を聞くだけで、全体像を予測でき、効率的な会話ができると考えるからだ。

また、誰でもユーモアが言えるような人間味のある人を好み、つながりを持ちたいと考える。そのため、過度に真剣になり、自身が完璧であるかのように聞こえる話し方は避けると良いだろう。

■記事関連・話し方講座/スピーチ根底基礎力&ロジック講座

話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院/ビジネスコミュニケーション/話し方スタッフ委員会